11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の岩渕と大塚がビッグエアワールドカップ開幕戦を制した

日本のスキーヤーは、土曜日にパーク アンド パイプ ワールド カップ シーズンを開幕し、スイスのビッグ エア サーフ フェスティバルで岩渕レイラと大塚健が表彰台を獲得しました。

岩渕は女子大会でこの夜のベスト 3 を獲得し、同様に優勢だった大塚が日本を 1-2 で下し、男子の王冠を飛田ルギに先んじて獲得しました。

2022 年 10 月 22 日、スイスのスールで開催された Big Air Sur Festival で表彰台を獲得した後、岩渕玲良 (R) と大塚健が写真を撮っています。 (京都)

20 歳の岩渕は 180.75 点を獲得し、オーストリアの 2 度のオリンピック チャンピオンであるアンナ カッサーを 16 点差で終え、カナダのジャスミン ベアードは 33.50 点で 3 位でした。

2月の北京冬季五輪で4位に入った岩渕は、「1本目で好成績を収めたことが、2本目、3本目も続けていこうというモチベーションになった。いいレースができた」と振り返った。

北京の銅メダリスト、ココモ・ムラズは妹のユラに次ぐ5位、枝松千尋は7位だった。

北京で 9 位に終わった 21 歳の大塚は、2018 年 12 月以来となる合計 166.50 で、2 つの完璧なランを記録し、2018 年 12 月以来となるワールドカップの王冠を獲得しました。 彼は飛田に 26.50 ポイント差をつけてフィニッシュし、スイスのニック パンターが 125.50 で 3 位でした。

大塚さんは「技術は北京五輪より難しかったが、極めようと心に決めた。 「きれいに着地することに集中しました。」


関連記事:

スノーボード:北京ハーフパイプ金メダリスト平野歩夢は2026年大会に向けて

オリンピック: Kokomo Mures が北京で開催された女子ビッグエア スノーボードで銅メダルを獲得

オリンピック:日本人トリオがスノーボードのビッグエア決勝に進出


READ  RPGolfLegendsが2022年1月20日に日本で発売されました