4月 17, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の小麦粉会社ニッポンが米国に投資

日本の小麦粉会社ニッポンが米国に投資

日本最大の小麦粉供給会社の 1 つである Nippn は、米国での存在感を拡大しています。

旧日本製粉株式会社いわゆるこの会社は、ユタ州のユタ製粉工場で新しい工場を稼働させるために2500万ドルを支払っている。

まだ建設されていないが、ユタ州の未発表の場所で数週間以内に建設が始まる予定だ。 このプロジェクトは来年完了する予定です。

ユタ・フラワー・ミルズは、穀物と小麦粉ベースの製品を供給するアメリカの企業であるPHMブランズによって2月に会社として設立された。

ニップン社は声明で、この工場では小麦粉を生産すると述べた。

ニップンは2500万ドルでユタ州製粉工場の株式25%を所有することになる。

日本グループの北米進出は「長期ビジョン」の一環。 米国の製粉事業の一部となることで「グループの総合力が強化される」と付け加えた。 この契約は、ニッポンの米国における製粉への初の投資となる。

Nippn はすでに米国に 2 つの資産を持っています。プレミックス販売会社の Nippn California とパスタ製造事業の Pasta Montana です。

グループ全体の食品事業には、製粉、加工食品、冷凍製品が含まれます。 中国、タイ、インドネシアに資産を持っています。

Nippn の 2022/23 会計年度では、純売上高 3,213 億 2000 万円 (23 億 3000 万ドル)、営業利益 112 億 8000 万円、純利益 93 億 3000 万円を記録しました。

READ  日本の馬場早紀、カナダのモネ・チュンが全米女子アマチュアゴルフ決勝に進出