4月 17, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の宇野昌磨がフィギュアスケートの世界タイトルを防衛

日本の宇野昌磨がフィギュアスケートの世界タイトルを防衛

左から右: 2023 年 3 月 25 日、日本の埼玉で開催された世界フィギュア スケート選手権大会の男子フリー スケートの後、メダルを持ってポーズをとるチャ ジュンワン、宇野昌磨、イリヤ マリニン。 /CFP

左から右: 2023 年 3 月 25 日、日本の埼玉で開催された世界フィギュア スケート選手権大会の男子フリー スケートの後、メダルを持ってポーズをとるチャ ジュンワン、宇野昌磨、イリヤ マリニン。 /CFP

土曜日に埼玉で開催された世界フィギュアスケート選手権で、日本の宇野昌磨が301.14点でタイトルを保持した。

韓国のチャ ジュンワンが 296.03 ポイントで 2 位に終わり、アメリカの 10 代のイリヤ マリンが 288.44 ポイントで続きました。

昨年のオリンピック チャンピオンの羽生結弦選手とネイサン チェン選手が不在の中で UNO のタイトルを獲得しました。

彼女は土曜日のフリー スケートで 5 つの 4 回転を完了し、ショート プログラムからのリードを維持しました。これには、マリンの世界選手権史上初の 4 回転アクセルが含まれます。

開催国の日本は、男子シングルスの宇野、女子シングルスの坂本花織、ダブルスの三浦陸と木原竜一を含む3つの金メダルをホームで獲得した。

アメリカのデュオ、マディソン・サックとエヴァン・ベイツが土曜日のアイスダンス大会で優勝した. イタリアのシャーリーン ギニャールとマルコ ファブリが 2 位、カナダのパイパー ジルとポール ポワリエが 3 位でした。

READ  スクウェア・エニックスは日本の高齢化を背景に「グローバルタイトル」に注力