12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の宇野は羽生の不在のためにNHK杯をリードしています

ポストする:

東京(AFP)- 金曜日に東京のNHK杯でフリースケーティングを行った後、日本の宇野昌磨は負傷したオリンピックフィギュアスケーターチャンピオンの羽生裕鶴の不在を利用した。

日本のスーパースター、羽生は足首の靭帯の怪我のために先週のグランプリから撤退した。

宇野は不在で注目を集め、102.58で米国のヴィンセント・ジョウと韓国のチャ・ジュンファンをリードした。

宇野は2018年の平壌五輪で銀メダルを獲得したが、苦戦し、いつかスケートをやめたいと言った。

NHK杯の主な目標は「競争の激しいスケーターに成長すること」だと彼は語った。

「この試合でミスをしても構わないと言っているわけではありませんが、ミスを恐れたくはありません。もう少し先に進みたいだけです」と彼は語った。

ジョーは先月スケートアメリカのタイトルを獲得し、宇野を2位で破った。

アメリカ人は、NHK杯に行くように「かなりのプレッシャーがあることに確かに気づいた」と言ったが、99.51の彼のスコアについて不満はなかった。

「少し震えたように感じました。足が少し緊張していました。これは、いくつかのスピンとトリプルアクスルの品質に反映されていました」と彼は言いました。

「なぜ100点に到達しなかったのかは理解できたと思いますが、全体的には自分のパフォーマンスとスコアにとても満足しています。」

「足が揺れるのを感じた」

女子イベントでは、日本の坂本花織が日本の河辺愛菜と韓国のユヨンをリードした。

ロシアのタリア・ウシャセバはウォーミングアップに陥り、怪我をして氷から引き上げられました。

15歳の彼は、グランプリデビューでスケートアメリカで2位に終わった後、タイトルを争うことが期待されていました。

代わりに、嵯峨本は明確なショートプランでマーカーを設定し、76.56でシーズン最高のスコアを獲得しました。

フリースケーティングの後、日本の坂本花織がNHK杯の女子チームを率いました。 チャーリートリバロAFP

「6分間のウォームアップ中、緊張して足が震えるのを感じましたが、ジャンプを上陸させた後、落ち着き、日常生活に戻ったほうがいいと感じました」と坂本は語った。

川辺は先週負傷した日本の紀平梨花に代わって試合に遅れて出場した。

しかし、カナダのスケートでのショートプログラムで最後に終わってから2週間後、彼は両手で73.88の個人最高スコアを獲得するチャンスをつかみました。

「私の得点は私が設定した目標よりはるかに高かったので、私は幸せです」と川辺は言いました。

「2位になったことは自信を与えてくれます。無料プログラムの後も自分のポジションを維持するために一生懸命働きたいです。」

ペアで、ロシアの世界チャンピオンのアナスタシヤ・ミシナとアレクサンダー・カリアモフが78.40のスコアで先導し、続いて同志のエフゲニア・タラソワとウラジミール・モロゾフが75.78でした。

アイスダンスでは、ロシアのビクトリアシニツィーナとニキータカツァラポフ(世界チャンピオン)がリズムダンスを86.33ポイントで上回りました。

アメリカ人のマディソンザックとエヴァンベイツは86.02で2位に終わった。

READ  円のデルタバリアントとして、ドルブームは安全に飛ぶ