3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の好物は書店主のおかげでしょうか?  “元祖”ハヤシライスを食べてみた – SoraNews24 -Japan News-

日本の好物は書店主のおかげでしょうか? “元祖”ハヤシライスを食べてみた – SoraNews24 -Japan News-

この人気料理の発祥には、日本最大級の本屋が関係しているという伝説があります。

ハヤシライスは、とても美味しくて子供たちも大好きなので、日本の家庭にとても人気のあるシチューライスです。 薄切りの牛肉、マッシュルーム、玉ねぎを濃厚なデミグラススープで煮込み、ご飯と一緒にいただきます。 トマトをベースにした「洋風」の料理ですが、日本独自のものであり、ソウルフードとして親しまれています。

弊社の日本語特派員 PKサンジュン 彼はハヤシライスの大ファンで、訪れた際にハヤシライスの歴史について興味深いことを学びました。 丸仙東京日本橋界隈にある大型書店チェーン。

彼は娘に本を買いに来ました とても興味深い看板がそこにあります 書店内のマルサンカフェで提供するハヤシライスやカレーの各種宣伝。 食べ物はとても美味しそうですが、以下に書かれていることが非常に興味深いです。

「ハヤシライスはマルサン創業者の林有的氏のことだと思われます。

「丸三の過去百年記録の一節によれば、『幕末か明治の初め、友人が来るたびに、 [Hayashi] 彼は手近にある肉や野菜を使ってごった煮シチューを作り、ご飯と一緒に食べさせました。 人々はそれを「ハヤシライス」と呼び、レストランのメニューに広がり始めました。

「この一節に基づいて、すでに貿易会社を立ち上げていた進取的な林は、お米のような食べ物を作って友人たちの間でセンセーションを巻き起こしたいと考えていました。」

“面白い!” PKはそう思ったが、さらに詳しく調べてみると、わかった。 これはハヤシライスの起源に関する最も有力な理論の 1 つです。 最も重要なことは、PK はハヤシライスが大好きなので、このカフェを訪れて、ハヤシの名前 (早矢仕) を使用して名前が付けられたバージョンを試してみる必要がありました。

PK継続 丸三書店3階そこでマルサンカフェを見つけ、ポークハヤシライス1,380円(9.29米ドル)を注文しました。 プレミアムハヤシライスやハヤシオムライスに魅力を感じながらも、オリジナルのハヤシライスを食べることが優先だと判断し、今は敬遠していた。

彼の料理が出てくるまでにわずか5分しかかかりませんでした。 爆弾がありました 濃い赤色、おなじみのウォームブラウンPKは使用しておりません。 オリジナルレシピなのか、他のお店で食べるハヤシライスとは一線を画している。

味に関しては、こんな感じでした やや酸味があり、やや甘いまだとても裕福です。 甘さは魅惑的なものではありません, 一つには、実際にそれがより洗練されたように感じられるようになりました。 部分のサイズが少し小さかったことを除いて、PKには目に見える欠陥はありませんでした。 それにしても絶品ハヤシライスです。

一方で、日本が 1860 年代に幕府から近代化された明治政府に移行したとき、これほどおいしいものを誰でも作れるとは信じられず、貿易 (およびスパイスの交換) はさらに限られていました。

歴史的な意味よりも、今PKに住んでいて重要なことは、マルサンカフェのハヤシライスがとても美味しいということです。 PK は、少なくともその味がその料理の作成者のオリジナルのレシピに基づいていることを理解できます。 カフェでは既製のバッグを販売しているので、購入して持ち帰ることもできます。

日本の食の歴史を少し試してみたい、または少なくとも地元の伝説に浸ってみたいと思ったら、ぜひ丸善カフェをチェックしてみてください。量が足りない場合はいつでもトリプルを追加できます。 近くの日本橋店のジャンボ丼。

カフェ情報
マルサンカフェ / 丸善カフェ
住所:東京都中央区日本橋2-3-10 日本橋丸善東急ビル3F
東京都中央区日本橋2-3-10
営業時間 午前9時30分から午後8時30分まで

画像©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローして そして ツイッター

READ  フロートバイクで前進する日本の野球監督