1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の大学生が強盗を認め、法廷での無礼は否定

容疑者がタクシー運転手のお金を受け取っている間、彼は公判で誤解を正すために話します。.

日本の司法制度は自白率が高いことで有名です。 告発された泥棒や強盗は、彼らに対する告発のリストを提示されると、必ず「私はそれらのことで何も悪いことをしていません」と答えます.

しかし、火曜日に、 高橋つぐる 彼はしたことを確認しなければならなかった いいえ 彼の申し立てられた犯罪の 1 つを犯します。 22歳の大学生が起訴された 島根県増田市でタクシー運転手強盗事件10月に戻ります。 「3万円ください!」と運転免許学校に通っていた高橋さん。 検察は、彼が溺死した男から3万円(225米ドル)を奪ったと述べた。

そうではありません。 確かに、彼はタクシー運転手のお金を受け取りましたが、「お金をください」とは絶対に言っていないことを世界に知ってもらいたいのです。 代わりに彼は、「私にお金を払ってもらえますか? 3万円でいいです.

▼ 言語学者の皆さん、弁護士は高橋さんのことを「救われた」と言いました」日々、」はおおよそのコマンド形式です ダス (与える)、彼の言葉の選択は、彼が言うように非常に洗練された、威厳があります」たしてもれませんか?」

これは争うべき別の点です。 ドライバーを脅迫したり威嚇したりするのではなく、ドライバーが金銭的支援を丁寧に求めたため、これは高橋が事件を仕掛けようとした可能性があるようです。 もしそうなら、起訴はされなかったでしょう。 また、高橋は裁判中にドライバーを「強盗した」ことを認め、誤解としてすべてを演じる可能性を否定したため、実際にマナーや誤解を招くことには消極的でした.

検察によると、高橋容疑者は交通費やキャバクラなどの風俗店への訪問費などに使ったという。

日本のツイッターコメンテーターは次のように述べています。

「では、人を誤って引用することで、彼は自分の個人的な行動規範に線を引いているのでしょうか?」
「誰かから物を盗んだのなら、その時に何を言おうと関係ありません。」
「だめだ。 そのように髪を分けて何の役に立つのですか?」
「彼は大学生にしては絶望的に頭が悪いようだ.」
「彼の正確な言葉にしがみつくのは幼稚に思える.」
「彼は、自分の引用を訂正しても自分の言い分が軽くならないことを知っていたと思いますが、私はそのようなささいなことを許さないタイプなので、共感できます。」

覚えておいてください。 どんなに礼儀正しくても、特定のことをすることは常に失礼です.

ソース: FNNプライムオンライン 経由 ヤフー! 日本のニュース 経由 八間機工ツイッター (12)
トップ画像: バグダソ
画像を挿入: バグダソ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター!

READ  日本のダイヤルアップセキュリティの野心に対する緊張