4月 17, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の外務大臣がソロモン諸島を初めて訪問し、安全保障について話し合う

日本の外務大臣がソロモン諸島を初めて訪問し、安全保障について話し合う

[東京 19日 ロイター] – 日本の林芳正外相は19日、世界の安全保障と太平洋における中国のプレゼンスについてソロモン諸島の指導者と協議した。

林氏は、日本はソロモン諸島が昨年中国と署名した防衛協定の「進展を監視している」と述べ、現在の世界の安全保障環境についてマナセ・ソカワレ首相と話し合ったと日本の外務省は述べた。

この訪問は、中国とソロモン諸島の間の安全保障協定が、中国が地域での影響力を拡大しようとしているという米国とオーストラリアからの懸念を引き起こした1年後に行われる.

日本の外務省によると、日本は、地域の平和と安定を促進するために太平洋島嶼国間のパートナーシップを模索しているため、海洋安全保障における支援を提供する用意があると述べた。

林氏はまた、機能不全に陥った福島第一原子力発電所から100万トンの処理水を海洋に放出するという日本の計画を理解しようとし、岸田文夫首相からの書簡をそかわれ氏に手渡した。

ソガバレ氏は、日本が解放の安全性を確保し、プロセスについて透明性を確保することへの期待を表明した.

村上さくらによるレポート。 リンカーン・フィーストの編集。

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  円には上昇のチャンスがあるが、それは日銀ではなくFRBのおかげだ