3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の地震:重要な72時間の猶予期間が閉まる中、生存者を探す競争が続く

日本の地震:重要な72時間の猶予期間が閉まる中、生存者を探す競争が続く

  • ジーン・マッケンジー&ケリー・ン著
  • 輪島とシンガポールで

画像ソース、 良い写真

画像のキャプション、

最初の 72 時間は回復に重要であり、その後は生存の可能性が大幅に減少します。

重要な3日間の期間が終了したため、日本の救助隊は新年の地震の生存者を見つけるために時間との闘いを続けている。

月曜日の現地時間16時10分(グリニッジ標準時7時10分)に遠隔地の能登半島をマグニチュード7.6の地震が襲い、少なくとも82人が死亡した。

多くの人が倒壊した家の下敷きになっているとみられており、主に珠洲市と輪島市で発生している。

72 時間後、誰かが生きているのを発見する可能性は大幅に減少します。

数万人の住民が依然として電気と水道のない状態にあり、数百人が地滑りや道路封鎖のため援助を受けられない。

日本の岸田文雄首相は木曜日、これまでに150人が救助されており、救助隊員はできるだけ多くの人を救うために全力で努力を続けると述べた。

「非常に厳しい状況だが、命を守る観点から、大事な災害発生から72時間が経過する今晩までに、一人でも多くの命を救い、救出するために全力を尽くしていただきたい」と述べた。言った。 言った。

AFP通信によると、月曜の余震で少なくとも330人が負傷した。

被災地では今も3万人以上が避難所におり、一部の都市では水道、電気、インターネット接続が通っていない。

一方、劇的な救出のニュースがインターネット上で広まっている。 あ ピースウィンズ・ジャパンが公開した動画救助に協力した地元NGOは、家の下敷きになった女性を救出するため、倒れた家具の山をかき分けて救助する数人の救助隊員の様子を映している。 それから彼らは彼女の周りに厚い毛布を巻きました。

BBCは水曜日に輪島市を訪れ、一部の家屋や車両が崩壊したコンクリートの下敷きになった大規模な惨状を視察した。 。 市内の古い伝統的な木造住宅の多くが倒壊した。

日本では1981年に建物を地震から守るための新しい規制が導入されましたが、多くの木造住宅は導入前に建てられました。

輪島市の住民の多くは高齢者ですが、住宅の改善に取り組んだことがない人はほとんどいません。 2018年のデータによると、市内の建物の半数以上が新基準に準拠していないことが判明した。

人口約2万3000人の輪島市は、津波が予想された際にほとんどの人が避難勧告に従ったため、現在はゴーストタウンのようだ。

しかし、死者数はこれまでで最多を記録し、死者数は総死者数の半数以上となる48人が確認された。 市周辺のいくつかの地域では依然として道路の破損や地滑りによって寸断され、人々に連絡できない状況が続いているため、その数はさらに増加すると予想されている。

輪島市の坂口茂市長は、市内から避難している1万人のうち、これまでに食料やその他の救援物資を受け取ったのは2,000人だけだと述べた。

人口約1万3000人の都市、蘇州市の市長によると、家は一軒も建っていないという。 泉谷益弘氏によると、約9割が全壊または全壊しているという。

大地震から1分以内に小さな津波が都市を襲った。

日本は世界で最も地震活動が活発な国の一つであり、2020年末から能登周辺での活動が活発化している。 ここでは過去 3 年間に 500 回を超える中小規模の地震が発生しました。

動画のタイトル、

注目:地震に見舞われた輪島市では今もくすぶる建物

READ  このボンカーズホバークラフトは間もなく日本で乗客を運ぶようになる - ロブ・レポート