3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の地震:中小企業が数百万人に災害について警告

日本の地震:中小企業が数百万人に災害について警告

  • 大井真理子著
  • ビジネス特派員

画像ソース、 良い写真

画像のキャプション、

元旦に遠く離れた能登半島でマグニチュード7.6の地震が発生し、家屋が倒壊した。

元旦に日本の奥地である能登半島をマグニチュード7.6の地震が襲ったとき、何百万人もの人々が、何年にもわたって自らの体重を超えて事業を続けてきた中小企業の警報を発した。

NERV は、ドイツ語で頭脳を意味する Gehirn と呼ばれる小さな民間会社によって運営されており、フルタイムの従業員はわずか 13 名です。

しかし、日本の頻繁な地震に関する警告は、公的機関や日本の公共放送である NHK が発する警告よりも早いです。

XのNERVの日本語アカウント (旧 Twitter) には 220 万人のフォロワーと 35,000 人のアクティブ ユーザーがいます 英語です。 2019 年 9 月にリリースされたそのアプリは、Apple Store と Google Play の両方から 400 万回以上ダウンロードされています。

2010年に当時19歳の石森大樹さんがアカウントとして開設した。

NERV は、地震、津波、火山噴火に関するリアルタイムの情報を提供することに加えて、ハリケーン、洪水、大雪などの異常気象に関する最新情報も提供します。

このアカウントは、自然災害を追跡する複数の組織からのデータを集約してツイートしており、多くの場合、組織よりも早く情報を公開しています。

画像のキャプション、

NERVは月曜日の地震と津波について200万人以上の信者に警告した

石森氏は、NERVは人類の半分が絶滅した後の終末世界を舞台にした人気テレビアニメ番組「新世紀エヴァンゲリオン」に大きな影響を受けていると語った。

アカウントの名前は「特務機関 NERV」で、人類への脅威に関する警告を提供するプログラム内の組織にちなんでいます。

「当時Twitterが流行っていたので、パロディアカウントとしてNERVを作りました」と石森氏はBBCに語った。

「気象庁のデータを使って気象警報に関する自動ツイートを投稿するという趣味のプログラミングから始まりました。」

当時、このアカウントのフォロワーはわずか 300 人ほどでした。

しかし、2011 年に非常に強い地震が日本で発生しました。

福島原発事故を引き起こした津波を引き起こしたことで最もよく知られているが、この地震はまた、国の北東部にある彼の故郷である宮城県石巻市でも多くの死傷者を出した。

石森さんは4日間、家族と連絡が取れなかった。 「正直に言うと、彼らは死んだと思った」と彼は振り返る。 彼は後に、叔母の一人が亡くなったが、肉親は無事であることを発見した。

「テレビやラジオだけでなく、災害情報を伝える別の方法が必要だと気づきました」と彼は言い、停電中はテレビが使えなくなると付け加えた。

彼は地震について投稿し始め、日本で自然災害が増えるにつれ、このアカウントは数十万人の新しいフォロワーを獲得しました。

画像のキャプション、

石森大樹は19歳でNERVに入隊

しかし、新年の地震中にXに加えられた最近の変更はNERVに影響を与えました。

昨年、X は、X を外部システムに接続し、プラットフォームへの自動投稿を可能にするアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) へのアクセスに対してユーザーに課金し始めました。

サイトの API は以前は無料で使用できましたが、現在は月あたり 1,500 件の無料自動投稿のみが許可されています。

Gehirn さんは、月額 100 ドル (79 ポンド) で 1 日あたり 100 件の投稿が可能な基本プランに加入しています。

ネルフは、月曜日に地震と津波の警報を発令し、信者にアプリのダウンロードを奨励した時点で上限に達したようだと述べた。

数時間後、Xはアカウントを日本語と英語の両方で「公共使用」として登録し、問題は解決したと発表した。

しかし、NERV は 2019 年に地震発生時にアカウントが数時間ロックされたとき、すでにプラットフォームからの移行を開始していました。

「他の人のプラットフォームを使用していると、そのルールが突然変更される可能性があるため、私たちは独自のプラットフォームに集中したいと考えています」と石森氏は言います。

彼は、自分の使命は金儲けではなく常に「日本をより安全にする」ことであり、障害を持つ人々を含め、NERVを可能な限り利用しやすいものにすることを目指していると語った。

しかし、石森氏は、アプリが成長するにつれ、会社は資金を捻出する必要があることを認めた。

画像ソース、 良い写真

同社は、現在年間1億2,000万円(82万9,200ドル、65万3,172ポンド)に上るコストを補うために、2020年に有料会員プログラム「サポーターズクラブ」を立ち上げた。

運営費の3分の1は支援者からの資金で賄われている石森氏は、「収益化にはまだ程遠い」と語る。

「資金が増えれば増えるほど、より多くの新しい情報を購入することになります。そのため、依然として赤字が続いているのです」と彼は笑います。

石森さんは、2011年に叔母を助けることができなかったことに対する罪悪感に常に駆られていたという。

「再び大地震と大津波が起こることは分かっています。私の目標は、それまでに災害情報へのアクセスを解決することです。」

READ  英雄的なコミュニティは、日本でのRAGE 2022春の勝利の後、アジアでVCTLANを要求します