6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の国会は上田氏を日銀総裁に迎え、インフレ対策に乗り出す

日本の国会は上田氏を日銀総裁に迎え、インフレ対策に乗り出す

日本の中央銀行の次期総裁の指名は、金曜日に議会の承認を得て、インフレやその他のリスクを通じて世界第 3 位の経済を操縦する新しい金融指導者に挑戦しました。

上田和夫とその代理人の任命は、衆議院での承認の翌日に参議院で承認されました。

上田氏は、日銀総裁としては異例の知的なバックグラウンドを持っている。 彼は前任者の「アベノミクス」、すなわち安倍晋三元首相の急進的な金融政策からの円滑な移行を約束した。

最近まで、日本経済はデフレに陥り、何十年にもわたって物価が下落し続けていました。 ゼロ金利またはマイナス金利を中心とした「アベノミクス」政策は、デフレと戦うために設計されました。

しかし、日本の消費者インフレ率は 12 月に 4% という 41 年ぶりの低水準に達しました。 中央銀行は 2% のインフレ目標を設定していますが、最近のデータは物価がその率を超えて上昇していることを示しています。

4月8日、黒田晴彦氏の5年間の2期目の任期が終了。 上田氏は今月末、日銀の初の政策会議の議長を務める予定だ。

黒田政権下で、日本は短期金利をマイナス0.1%に維持し、10年物国債利回りの目標をゼロに維持している。

マサチューセッツ工科大学で博士号を取得したエコノミストである上田氏は、自分の仕事の難しさを認めており、これまでのところ、安定性と継続性を主張して、急激な利上げを追求しないことを示しています。

一部のアナリストは、上田氏が前任者のゼロ金利政策からの離脱を急いでいるとは予想していません。 上田氏は 1998 年から日本銀行の政策委員会に所属しており、最近の金融政策の策定に携わってきました。

米国連邦準備制度理事会および世界中の他の中央銀行は、インフレ圧力に対抗するために金利を引き上げてきました。 そして、その傾向は今後も続くと予想されます。 ゴールドマン・サックスのエコノミストは、中央銀行が主要な短期金利を 4.6% から約 5.6% に引き上げると予想しています。 ___

影山ゆりのツイッター:https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本のソフトボールチームが東京オリンピックのオープニングマッチで優勝