9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の原子炉の最大寿命は60年以上です

関係筋によると、日本は新設プラントの建設に反対しているため、原子炉の最大耐用年数を60年以上に延長することを検討しているという。

与党の自由党や一部の経済界の要求に応じて、政府は既存の原子力発電所を、新しい原子力発電所を建設したり、原子炉を交換したりするよりも長期間使用しようとしています。

しかし、そのような拡張は、事故を起こしやすい老朽化した炉の安全性についての懸念を引き起こす可能性があります。

大地震と津波によって引き起こされた2011年の福島第一原発事故を受けて、日本は、原則として原子炉の運転を40年間制限する厳しい安全基準を導入しました。

安全性が向上し、炉コントローラーによるスクリーニングに合格すれば、さらに20年間の運転が可能です。

政府は来年、通常の食事会のために原子炉に対応する法律を改正する法案を提出する予定です。

また、米国など80年までの操業が可能な海外の事例を参考に、60年以上の操業を承認すべきかどうかを判断するための研究・評価方法についても議論します。

6月には、関西電力の福井県美浜工場の3号機が、国内で初めて新しい規則に基づいて40年以上運転された原子炉になりました。

政府筋によると、スクリーニング基準が提供する60年を超える複数の延長を許可する法律を改正する計画が提案されたという。

福島第一原発事故で停止した原子炉から40年の上限を撤廃するよう自民党内で呼びかけられている。

日本には現在33基の原子炉が稼働しており、3基が建設中である。 しかし、2040年までに60年の最大寿命に達するように設定された非常に多くのセットがあるため、現在の規則では2050年までに約20基の原子炉のみが稼働すると予想されます。

検討中の2018年基本エネルギー計画の一環として、Atomic Energyは、政府の温室効果ガス排出量を2030年までに約20%削減することを目指しています。

政府は、その量の電力を生成するために約30基の原子炉が必要になると見積もっています。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  オリンピックのロックアウトの最中に日本でウガンダの重量挙げが行方不明