12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の原子力移行 – 経済とエコロジー

現在の Covid-19 パンデミックから、気候変動によってもたらされる課題の増大まで、人類は現在、複数の危機に直面しています。 パンデミックによる景気後退からの回復はエネルギー価格の高騰につながり、全世界が見守る中、ロシアはウクライナに軍事侵攻を開始した。 ロシアに対する米国と欧州連合の制裁、ガス輸入の削減などにより、エネルギー危機が激化しています。

日本の岸田文夫首相は、これらの危機によって煽られた国民の不安を利用して、原子力発電への回帰を発表しました。 これがどうなるかはまだ明らかではありませんが、国民の間で彼の政策に対する広範な批判はありません。 しかし、2011 年の福島原発事故以来、日本の原子力発電をめぐる論争を考えると、日本が原子力発電に戻るとは信じがたいです。

ドイツは良い例

8 月 24 日、岸田総理は、自らが主催したグリーン移行に関する GX 会議の第 2 回会合で声明を発表し、既存の原子力発電所の運転を再開することに加えて、テーブル’。 また、最先端の原子炉を建設するというアイデアも含まれていました。このプロジェクトは独創的ではありませんでした。 第六次エネルギー基本計画 2021年10月以降。

Lemke氏は、「リスクの高い原子力発電所にコーヒーメーカーのような水を補充し、新しいコーヒー豆とフィルターに交換して再起動するのは無責任だろう」と主張しました。

対照的に、ロシアのウクライナ侵略によりエネルギー危機に直面しているドイツは、原子力発電を放棄する傾向を追求している。 ドイツのシュテフィ・レムケ環境大臣は、次のように述べています。 演説 9 月 22 日のドイツ議会で、彼はドイツの原子力発電所の廃止措置を止めない 3 つの理由を概説した。 第一に、それらの使用は危険であり、チェルノブイリ、フクシマ、およびその他の災害に伴う危険性が実証されています。 第二に、原子力発電所は高価であり、将来の世代が対処しなければならないより有毒な遺産を生み出します。 第三に、ロシアがウクライナで示したように、戦争の標的になる可能性があります。 Lemke氏は、「リスクの高い原子力発電所にコーヒーメーカーのような水を補充し、新しいコーヒー豆とフィルターに交換して再起動するのは無責任だ」と主張しました。 原子力に戻ることの結果。

世界史上最悪の原子力事故の 1 つに見舞われた日本は、今、悔い改めることなく、一見したところ原子力推進の姿勢に戻りつつあります。 一方、ドイツは過去の事故を考慮し、倫理的評価に基づいて原子力発電所の段階的廃止を決定した。 国は、プラントの廃止措置を着実に進めており、再生可能エネルギーへの大きなシフトで世界をリードしています。

発電所ではなくバッテリーへの投資

原子力発電を支持する正当な理由はありません。 原子力発電所は地震や津波から安全ではありません。 彼らは住民を危険にさらしています。 そして現在、既存の核廃棄物を安全に保管する計画はありません。原子炉が直ちに停止され、再起動されなかった場合に生成される廃棄物は言うまでもありません。

さらに重要なことは、原子力発電所は、しばしば引き合いに出される電力不足の解決には役立たないということです。 電力不足は、ピーク需要のピーク期間中の需要と供給の過剰または不足に関連する問題であるため、ベースロード原子力発電所を再起動しても役に立ちません。 ピーク需要を 1 年間で 0.5% 削減またはシフトすると、ピーク需要は約 10% 減少します (東京電力株式会社のサービス エリアで 500 万キロワット)。

日本の原子力発電所はすでに非常に古く、近い将来に大規模な故障に直面します。

これを実現する最善の方法は、省エネ対策と蓄電池の使用です。 政府は、オンデマンド応答システムとオンデマンド蓄電池の導入を加速する必要があります。

気候変動対策は、中長期的または恒久的なものであるべきであり、その上で省エネルギーと再生可能エネルギーへの移行が正しい道筋です。 日本の原子力発電所はすでに非常に古く、近い将来に大規模な故障に直面します。 また、新しい原子力発電所が建設されたとしても (ヨーロッパと米国の地下の状況からも明らかなように)、高コストと建設の遅れにより、それらに頼って私たちにエネルギーを供給することはほとんど不可能になっています。

また、原子力発電所は気候変動に対して脆弱です。 現在フランスで起こっているように、高温、嵐、洪水の瓦礫により、予期せず長期間にわたって閉鎖を余儀なくされる可能性があります。

核のない未来は可能です

現在、小型モジュラー原子炉 (SMR) と次世代原子炉について世界中で大きな盛り上がりを見せています。 しかし、この熱意には根拠がありません。 英国、フランス、フィンランドなどで導入された大規模な原子力発電所でさえ、高コストと建設の遅れに悩まされてきましたが、SMR と次世代原子炉はさらに高コストになります。 リアクトルの種類が多様で需要が少ないため、量産によるコストダウンは見込めません。 また、核廃棄物は原子力発電に不可欠な要素であり、最も根本的な問題の 1 つです。 多数の SMR が 1 か所に配備されることが予想されるため、福島 No. 1 原子炉が 4 基ある原子力発電所のように、チェーン メルトダウンの可能性があります。 つまり、小規模な原子力発電所は明らかに無駄な投資であり、その開発は直ちに中止されるべきです。

短期的には、蓄電・蓄電池による節電やピークシフトが有効な電力対策です。

特に昨年 7 月以降、科学者たちは コンセンサス 2050 年までに再生可能エネルギーによる世界のエネルギー消費の 100% を達成することは、経済的に実現可能です。 この目標は伝統的に長期的と考えられてきましたが、予想外に迅速かつ迅速に達成できるという科学的コンセンサスがあります。 良いコスト。 新しい原子力発電所を設置するよりも、これに焦点を当てるべきです。 短期的には、急速にコストダウンが進む電力に対して、蓄電・蓄電池による蓄電・ピーク変換が有効な対策となります。

最後に大事なことを言い忘れましたが、無尽蔵で豊富で​​、温室効果ガスや放射線を排出しない太陽エネルギーは、地元や国内で消費するために生産することができ、既存の原子力発電所を再起動するどころか、新たに原子力発電所を建設する必要もありません。 日本も、将来的に再生可能エネルギー100%を達成するために全力を尽くすべきです。

READ  ソードアート・オンライン プログレッシブ・アニメ映画第2弾が日本でIMAX上映 - ニュース