6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の前澤が所有するバスキアは8500万ドルで売られている

ニューヨーク

日本の前澤が所有するバスキアは8500万ドルで売られている

Jean-Michel Pasquitの「無名」は1982年5月18日にニューヨークで行われたオークションで8500万ドルで売られ、販売前の見積もりを上回り、日本の億万長者の宇宙飛行士、正和裕作はきちんと利益を上げました。

class = “cf”>

フィリップスのオークションハウスは、前澤に代わって幅16フィートの絵画を販売し、2016年に5,730万ドルで購入しました。

競売人は彼らが約7000万ドルで行くことができると言いました。

フィリップスは3月の声明で、アートワークをハンマーの下に置くと発表しました。

日本最大のオンラインファッションモールの創設者であるマサワ氏は声明の中で、過去6年間この絵を所有していたことを「とても嬉しく思っている」と述べた。

しかし、アートは「すべての人の生活の一部となるために共有されなければならない」と彼は付け加えた。

販売前に、最大の芸術作品はロンドン、ロサンゼルス、台北で展示された国際ツアーに参加しました。

20世紀の巨人の別の絵画に1億1500万ドルを支払った2017年にバスキア作品の新しいオークション記録を樹立した前澤は、彼のコレクションを展示するために新しい美術館を作成する予定であると述べました。

彼は東京に現代美術財団を設立し、ニューヨークを拠点とするARTnewsMagazineの2017年の「トップ200コレクター」の1人に選ばれました。

class = “cf”>

彼は最近、ロシアの宇宙機関と一緒に国際宇宙ステーションに旅行した最初の宇宙飛行士であるという見出しになりました。

彼のオデッセイは約100億円(8700万ドル)の費用がかかると考えられており、彼はイーロンマスクのスペースXが主催する月の周りの航海を続ける予定です。

READ  米国と日本が協力して2Nmの半導体を構築