5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の冬いちごの秘密

日本の冬いちごの秘密

美濃、日本 – ストロベリー ショート ケーキ。 いちご餅。 いちごアラモード。

これらは夏の楽しみのように聞こえるかもしれません。 しかし、日本では、冬にイチゴの収穫量がピークを迎えます。絵に描いたように完璧な果実の涼しい季節であり、最も手付かずの果実は、特別な贈り物として数百ドルで販売されています。

日本のいちごには環境への影響があります。 冬の間人工泉を再現するために、農家はガスを大量に消費する巨大なヒーターを備えた巨大な温室で季節外れの珍味を加熱します。

「冬にイチゴを食べるのが当たり前だと多くの人が考えるようになった」と大阪郊外の日本の美濃市でイチゴ農家をしている吉村聡子さんは語った。 、気温が氷点下をはるかに下回るとき。

しかし、暖房タンクに燃料を入れ続けるうちに、彼女は考え始めました。

もちろん、果物や野菜は世界中の温室で栽培されています。 しかし、日本はイチゴ産業を非常に深刻なレベルにまで引き上げたため、ほとんどの農家は、実際の生育期である、採算の取れない暖かい時期にイチゴの栽培をやめました。 対照的に、日本は夏の間、イチゴの供給の大部分を輸入しています。

これは、一年中新鮮な農産物を求める現代の期待が驚くほどのエネルギーを必要とする例であり、気温が下がってもイチゴ (またはトマトやキュウリ) を食べることで気候が温暖化するのに貢献しています。

数十年前まで、日本のいちごの旬は春から初夏にかけてでした。 しかし、日本市場は伝統的に初物マグロや「初物」製品に高い価値を置いてきました。 お茶. 初物のマントが通常の何倍もの価格で売れると主張する作物は、広くメディアに取り上げられることさえあります.

国の消費経済が急上昇するにつれて、初物レースはイチゴ全体に広がりました. 農場は、イチゴを市場に出すために競争を始めました。 「いちごのピークシーズンは4月から3月、そして2月から1月になり、ついにクリスマスを迎えました」と、東京に本拠を置くいちごのコンサルタント会社であるIchigo Techの最高経営責任者である宮崎大輔氏は語った.

現在、いちごは日本のクリスマスの定番料理であり、12 月を通して全国で販売されるクリスマス ケーキを飾ります。 一部の生産者は、11 月に最初のシーズンのイチゴの出荷を開始した、と Mr. 宮崎は言った。 (最近、日本ブランドのイチゴ、オシ (文字通り「おいしい」) が TikTok で人気になっていますが、これはニュージャージー州のアメリカの会社によって栽培されています。)

日本が凍るような気候でイチゴを栽培する傾向にあるため、イチゴの栽培はエネルギー集約型になっています。 によると 温室効果ガス排出量の分析 日本の他のさまざまな製品と比較して、イチゴの排出量はブドウの約 8 倍、みかんの約 10 倍です。

「すべては加熱に帰着します」と、西日本にある志賀県立大学の環境科学研究者で、製品排出研究を率いた吉川直樹氏は述べた。 「私たちは、輸送や堆肥の生産に必要なものなど、あらゆる側面を調べました。それでも、暖房には膨大なフットプリントがありました。」

このような例は、地元の食べ物を食べるという考えを複雑にします。つまり、環境に配慮した買い物客の中には、輸送に伴う燃料や汚染を減らすために、比較的近くで生産された食べ物を購入する人もいます。

気候、食料、持続可能性に焦点を当てているミシガン大学のシェリー・ミラー教授は、食料の輸送は、その生産方法よりも気候への影響が少ないと述べています。 たとえば、英国の加熱された温室で国内で栽培されたトマトには A があります。 高い二酸化炭素排出量 スペインで(屋外で、季節に合わせて)栽培され、英国のスーパーマーケットに出荷されるトマトと比較してください。

気候制御された温室はメリットを享受できます。必要な土地と農薬の使用量が減り、収穫量が増えます。 しかし、ミラー教授は、「季節ごとに地元で食べるのが最善です。そうすれば、莫大なエネルギーコストを追加せずに食品を生産できます」.

日本では、冬にイチゴを栽培するために必要なエネルギーが単なる気候負荷であることが証明されていません. これにより、特に燃料費の上昇により、イチゴの栽培が高価になり、農家の収益に影響を与えています.

ベリー品種の研究開発と大規模なブランド化は、農家がより高い価格を得るのを助けることで、これらの圧力の一部を軽減するのに役立ちました. 日本では、紅はっぺ(「赤い頬」)、恋のか(「恋の匂い」)、美人姫(「かわいい王女」)などの奇妙な名前のイチゴの品種が販売されています. スイカのような高価な果物と一緒に、贈り物としてよく贈られます。

東京の北にある栃木県は、日本で最も多くのイチゴを生産していますが、気候とコストの問題を克服するために、「とちぎの最愛の果物」という言葉を短縮した「とちやか」と呼ばれる新しい品種のイチゴを開発しています。 “

セブン 栃木県のいちご研究所の農業研究者は何年にもわたって開発してきました。新しい品種はより大きく、より耐病性があり、同じ投入物からより多くの収量を生み出し、エネルギー効率が向上しています。

とちあいかのいちごは皮がしっかりしているため、輸送中に傷むいちごの数が減り、気候にも影響を与える食品廃棄物が減ります。 カリフォルニア州とフロリダ州の温暖な気候で主にイチゴが栽培されている米国では、イチゴのバイヤーは、イチゴが非常に壊れやすいため、収穫の約 3 分の 1 を拒否します。

栃木県の一部の農家は、ヒーターの代わりに、温室の外側を覆う「ウォーター カーテン」と呼ばれるものを使用して、十分な地下水にアクセスできる場合に温度を一定に保ちます。 「農家は燃料費を節約し、地球温暖化防止に貢献できます」と、とちやかいちごの開発に携わったチームのメンバーである松本隆行氏は語った。 「それが理想です。」

さらにいくつかの試みが進行中です。 北東部の仙台市の研究者たちは、太陽エネルギーを利用してイチゴの温室内の温度を維持する方法を模索しています。

美濃のイチゴ農家である吉村さんは、2021 年の冬に巨大な産業用ヒーターを撤去することを決定するまで、10 年間農業に従事していました。

1 人の子供の若い母親であり、もう 1 人の子供をもうけようとしている彼女は、パンデミックによるロックダウンの日々の多くを気候変動の研究に費やしました。 2018 年の壊滅的な洪水により、彼女が夫と一緒に経営している農場のトマトの収穫が台無しになり、彼女は地球温暖化の危険性に目覚めました。 「子供たちのために農業のやり方を変えなければならないことに気づきました」と彼は言いました。

しかし、気温が華氏 20 度 (摂氏マイナス 7 度) まで下がることもある山岳地帯のミノーでは、通常、イチゴの植物は休眠状態にあります。 そこで彼は、化石燃料の暖房を使用せずに、収益性の高い冬の間、イチゴを屋外に送る別の方法を見つけるために、農業研究を掘り下げました。

彼は、イチゴがクラウンと呼ばれる植物の一部、または植物の根元にある短くて太い茎を通して温度を感知することを研究しました. 通常は一定温度の地下水を使用して王冠を凍結温度から保護できれば、工業用の熱に頼る必要はなくなるだろうと彼女は推測した.

吉村さんは、イチゴ畑に簡単な灌漑システムを装備しました。 夜の断熱性を高めるために、彼女はイチゴをプラスチックで覆いました.

彼は、彼の栽培方法は進行中の作業であると主張しています。 しかし、彼の果実が 12 月の寒波を乗り切った後、彼は温室の隅で待っていた工場のヒーターを売却しました。

現在、彼は「加熱されていない」イチゴの地元での認知度を高めるために取り組んでいます。 「自然のままのいちごを作ったほうがいい」とのこと。

READ  PH、日本はスワップ契約を更新