6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の億万長者前澤氏、スペースXロケット開発の不確実性の中、月面ミッションを中止

日本の億万長者前澤氏、スペースXロケット開発の不確実性の中、月面ミッションを中止

東京(AP通信)—日本の億万長者前澤友作氏は土曜日、いつ可能になるかが不確実であるため、スペースX社の車両による月周回飛行の計画をキャンセルした。

2018年、大統領は月探査計画を開始した。 彼は2022年の2回目の宇宙ミッションに向けて、同乗者8人分の座席を購入した 国際宇宙ステーションへの12日間の旅 2021年にロシアのソユーズ宇宙船で。

前澤氏は2023年までの月旅行を目指していたが、スペースX社の宇宙船巨大ロケット計画の進捗状況を踏まえ、ほとんどの宇宙ウォッチャーが大きな期待を寄せている時期だ。 それは月の周回軌道を周回した最初の民間飛行機となるはずだった。

ミッションの主催者は土曜日にウェブサイトに掲載した声明で、その計画は「実現不可能」だと述べた。 「前沢氏は重い心と明確なスケジュールを約束せず、プロジェクトを中止するというやむを得ない決断を下した。」

「このプロジェクトを支援し、この取り組みを楽しみにしてくださった皆様に心より感謝するとともに、このような結果になってしまったことをお詫び申し上げます」としている。

前澤氏は 彼は8人を選んだ 彼のプロジェクト「dearMoon」には100万人の応募者が集まりました。 その中には、K-POPグループ「ビッグバン」のリードラッパーや、アメリカ人のDJスティーブ・アギー、映画監督のブレンダン・ホールなどが含まれる。

これとは別に土曜日、前澤氏はXへのメッセージの中で次のように述べた。この時点でキャンセルしてください。」

「このプロジェクトが実現するのを楽しみにしていた方々にお詫び申し上げます」と同氏は述べた。

同氏は、2023年末までに打ち上げが可能であることを前提として、2018年にスペースXと契約を結んだと述べた。 「これは開発プロジェクトなので、それが何であるかはわかりませんが、スターシップがいつ打ち上げられるかはまだ不明です。」

昨年のスペースXのメガロケットの2回の試験飛行は、打ち上げの数分後に爆発で終了した。 で 3月の第3回試験宇宙船は地球に帰還した際に行方不明になった。

2021年12月、前澤氏とプロデューサーは2009年以来初めて宇宙ステーションへの自費旅行者となった。

前澤氏は日本有数のオンラインファッションモールであるゾゾタウンを立ち上げ、小売業で富を築いた。

READ  ファンの応援がCOVID-19ガイドラインに違反した後、日本のサッカーチームは2000万円の罰金を科せられました