9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の信頼できる追跡アナリストの引受会社がIPOの価格設定に関与

日経は、公正取引委員会、独占禁止監視機関、債券会社、保険会社が新規株式公開で公正な株価を設定するかどうかを調査し始めていると報じた。

多くの取引において、上場前の提示価格と導入時の株価の始値の差は、欧米よりも大きかった。

その結果、上場会社は少額の資金を調達しますが、投資家はいわゆる「初日ポップ」に満足しています。 引受人は、投資家から財政的支援を得るためにこの慣行の一部であることが知られています。 しかし、JFTCの観点からは、日本は若いテクノロジー企業の開発において世界の他の国に遅れをとっており、これにより、引受会社が新興企業の価格を引き上げ、より多くの資金を調達する道が開かれる可能性があります。

JFTCは、国内約100社にアンケートを実施し、株主への提示価格の設定に関与する請負業者と適切に交渉できたと感じているか、またそのプロセスに満足しているかを尋ねた。 JFTCは、必要と判断した場合、引受会社にもインタビューを行います。

企業が主要な引受会社を置き換えることは困難であるため、委員会は信頼の侵害をチェックします。 日本では、引受会社がリストを提出できるかどうかを判断するためのテストを実施し、リストを作成する権限を与えています。

米国および他の多くの国では、機関投資家は契約の最終価格に影響を与える株式の約80%を競売にかけています。 価格設定における請負業者のシェアは、個人投資家が通常、契約メーカーが設定した価格で株式の70%を購入する日本よりも小さい。 販売を促進するために、請負業者は控えめに提示価格を設定する傾向があります。

投資家保護は、JFTCの今後のレビューでも考慮されます。 6月、日本政府は成長戦略の一環としてIPOの価格設定プロセスを初めて見直し、新興企業の成長に焦点を合わせました。

最近上場した日本企業の初日平均始値は、提示価格の1.5倍であるのに対し、米国や欧州の主要国では1.1〜1.2倍である。 2020年の日本のIPO収入は、平均の3,600万ドルを下回りました。

READ  オリンピック-バスケットボール-日本の女性が東京で初勝利を収めてフランスを破った