4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の中島がインドオープンを制し、DPワールドツアー初優勝

日本の中島がインドオープンを制し、DPワールドツアー初優勝

ニューデリー(AFP) – 日本の中島啓太は日曜日のインド・オープンでDPワールドツアー初タイトルを4打差上げた。

公開日:

1分

23歳の中島は、同じくインド人のヴィール・アフラワット、スウェーデンのセバスチャン・ソダーバーグ、アメリカ人のヨハネス・ヴィアーマンと並び、13アンダー271で2位タイとなった。

元アマチュア世界ランキング1位の彼は、ニューデリー近郊のDLFゴルフ&カントリークラブで全ラウンド終了後首位に立ち、マレーシアのギャビン・グリーンに4打差をつける形で最終日をスタートした。

ヨーロッパを拠点とするサーキットで優勝した5人目の日本人選手となった中島は、「素晴らしいことだ」と語った。

「少し緊張していて、バックナインは大変でしたが、素晴らしいショットをいくつか打つことができました。

「幸運にもバンクに数ストロークがあったので、今週はフロントナインとその前のラウンドでの力強いプレーを取り戻すことができたので、全体的に自分のパフォーマンスをとても誇りに思っています。」

「このツアーでトップ10以内に入って、2025年にはPGAツアーに出場したいです。」

中島は最終ラウンドを無事スタートし、ターンで9打差のリードを広げた。

しかし、14番でダブルボギーからスタートし、バックナインでトラブルに見舞われた。

次のホールを6メートルのシンカーで打ち返したが、3ホール連続でグリーンを外し、最後の3ホールはいずれもボギーで1オーバー73のラウンドを終えた。

ソダーバーグは67で最終まであと1打を切ったが、アラワットは18番でイーグルパットを沈め、71をマークして4ボギーで2位のシェアを獲得し、ホームの観衆を沸かせた。

ウィアマンはボギーなしの67で終えたが、グリーンは2オーバー74と低迷した。

DPワールドツアーで複数の日本人優勝者がいるシーズンは、昨年2月のカタール・マスターズで星野陸也が優勝して以来となる。

READ  「日本ワイン」をご存じでしょうか?