9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の中小企業は、エピデミックの中で過剰な債務に直面しています

日本のデータ

経済作業協会


日本で実施された調査では、中小企業の3分の1が、COVID-19の蔓延もあって、過剰な債務を抱えていると感じていました。

信用調査会社東京ショックリサーチが実施した調査によると、資本金が1億ドル未満の中小企業の34.2%、大企業の15.4%以上が自己債務を抱えています。 それらの中小企業のうち、60%は、発生後に過剰な債務に陥ったと述べました。 調査は6月1日から9日まで実施され、9,492の正解がありました。

食品・飲料業界では過剰債務が多く、続いてホテル業界、ライフスタイル関連サービス業界、道路旅客輸送業界が続き、これらはすべてCOVIDによる旅行とモビリティの停滞の直接の影響を受けています。 19感染。

中小企業の売上高は大幅に減少したものの、2021年1月から5月にかけての企業倒産(1,000万件以上の貸付)は前年比22.2%減の2,503件となった。 しかし、特に外食部門の業績はまだ回復しておらず、過剰な債務を抱えています。

2021年4月の日本の金融システム報告書は、無利子融資や利子補助金などの財政支援を提供する措置が、2022年度までの企業全体のデフォルトを減らすのに最も効果的であることを示しています。 ただし、日銀は、食品・飲料業界などの顧客関連サービス業界では、需要の回復が緩やかになり、デフォルト率が上昇することを慎重に強調しています。

(日本語訳。バナー写真:神田駅近くのレストランや歩行者が立ち並ぶ通り。©Guida。)

会社
コロナウイルス
COVID-19(新型コロナウイルス感染症

READ  日本の卸売価格は、輸入コストが過去最高を記録したため、上昇を続けています。