5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の中小企業、人手不足の中賃金引き上げ:政府紙

日本の中小企業、人手不足の中賃金引き上げ:政府紙

政治

東京、5月12日(GGプレス) – 労働力不足と物価上昇を理由に、日本の雇用の70%を占める中小企業の間で賃金引き上げが広がっていると日本政府の白書が述べた。

同時に、2024年版中小企業白書では、持続的な賃金上昇を達成するには、企業はコスト上昇を価格に転嫁し、賃金上昇のための十分な資金を確保する措置を講じる必要があると述べている。

金曜日の閣議で採択された白書によると、日本の中小企業の61.3%が2024年に賃上げを計画しており、そのような企業の価格転嫁率は2023年9月時点で45.7%となっている。 中小企業は依然として原材料やその他のコストの上昇を取引価格に反映できていない。

白書はまた、新型コロナウイルス感染症パンデミック後の景気回復の中で労働力不足が深刻化しており、日本の労働生産性は他の経済協力開発機構加盟国に比べて低いと指摘した。

日本が国際競争力のある経済成長を達成するためには、中小企業の労働生産性を向上させる必要性が高まっていると白書は述べている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  のぞみエナジー、日本初の長期脱炭素化容量オークションで2件のプロジェクトを落札