10月 20, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の与党幹部は2900億ドルのインセンティブを要求した

東京、日本2016年8月3日地方経済を復活させる日本国務大臣の山本幸三氏が講演します。 ロイター/キム・ギョンフン

  • 政府はインセンティブパッケージに資金を供給するためにもっと多くの債券を発行する必要があります-山本
  • 日銀パックは資金調達のために積極的に購入することができます-山本
  • 日本は成長を後押しすることに焦点を当てるべきである-山本

東京、10月14日(ロイター)-岸田文雄首相に近い与党幹部は木曜日、日本は少なくとも32〜33兆円(282〜2900億ドル)の経済刺激策をまとめなければならないと述べた。コロナウイルスの流行の影響。

安倍晋三前首相の「アポノミクス」刺激策の設計者である山本浩三氏は、日本の発行ギャップを埋め、中央銀行の2%インフレ目標を達成するには、このような大規模な支出が必要になると述べた。

岸田文雄の経済政策に参加している山本氏は、「このパッケージは、日本国債(JGP)の発行によって賄うことができる」と述べた。 「政府は、中央銀行が積極的に購入できる長期国債を多数リリースすべきだ」と語った。

元財務省当局者は、最大の財政的および財政的刺激と、日本を不況から脱却させるために2013年に使用された開発戦略の組み合わせである山本アビノミクスの形成に積極的に関与してきました。

岸田文雄氏は、アペノミクスの刺激策を維持し、資産をより幅広い世帯に分配するためのさらなる措置を講じると述べた。

「3本の矢で力強い経済成長を達成することは最も重要で重要です。それから初めて、再分配について話すことができます」と彼は岸田との頻繁な電子メールで述べました。

(1ドル= 113.5300円)

ライカ木原、山口貴也によるレポート。 ジェリー・ドイル編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  北海道はマッシブレジスタンスを防ぐための取り組みを加速している