12月 3, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の三菱は2030年までに175億ドルを費やすことによって脱炭素化を促進します

三菱商事のロゴは、2017年8月2日に東京の本社で撮影されました。 ロイター/キム・ギョンフン

東京、10月18日(ロイター)-日本の三菱株式会社 (8058.T) 2030年までに再生可能エネルギーや水素などの代替エネルギー源に2兆円(175億4000万ドル)を投資する予定です。

世界的なエネルギー・金属資産取引会社であり鉱物資源会社である三菱は、2020年までに2030年までに温室効果ガス排出量を半減させ、2050年までに正味ゼロ排出量を達成するという目標を設定しました。

この動きは、世界の石油と石炭の生産者と消費者が、化石燃料からのクリーンエネルギーに投資することによって気候温暖化ガスを除去する技術を改善していることから来ています。

三菱の2兆円の予算では、風力を中心とした再生可能エネルギー資産の半分が、水素とアンモニア、液化天然ガス(LNG)、電気とバッテリーに使用される金属に費やされます。

日本企業は、中間エネルギー源として重要な役割を果たすことを望んでいるため、LNGに投資しますが、炭素回収貯留(CCS)などの技術を使用してLNGサプライチェーンのCO2排出量を削減する予定です。

三菱はまた、銅などの電化に使用される卑金属のシェアを増やすことを検討しています。

また、二酸化炭素排出量を削減するために自動車の軽量化に使用されるアルミニウムの原料であるボーキサイトなど、グリーン経済に関連するリチウムなど、グリーン経済に関連するバッテリー金属やその他の材料にも投資しています。

採炭の露出が進んでいる三菱は、現在、この物件の維持を計画している。

($ 1 = 114.0500円)

大林組レポート; ChristopherCushingとJohnHarveyによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  日本の首相候補岸田氏はメディアに2700億ドル以上を支払うよう呼びかけた