11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の三菱が英国の衛星搭載ロケットを打ち上げる

三菱重工業は、英国の通信衛星を搭載したH-2Aロケットを、衛星が予定軌道に乗ってからわずか26分後の木曜日に、日本の南西部の田中島宇宙センターから打ち上げることに成功しました。

英国のインマルサットグローバル社の2つのインマルサット6衛星のうち、最初の衛星を搭載したロケットは、悪天候による1日の遅れの後、午前12時32分に打ち上げられました。

H-2Aロケットは、2021年12月23日に、鹿児島南西部の種鹿島宇宙センターから英国通信衛星を打ち上げます。 (京都)

日本のメーカーがロケットの最終テストを行ったところ、矛盾がないことがわかったため、リフトは約1時間押し戻されました。

長さ53メートル、直径4メートルのH-2Aロケットは、重い衛星を運ぶために4つの固体燃料ブースターを搭載して打ち上げられました。

三菱重工業によると、最新の航空機H-2Aロケットは、外国の衛星を搭載する5番目の航空機であり、他の航空機は、カナダ、韓国、アラブ首長国連邦からのものです。

インマルサットは、インマルサット-6シリーズが世界最大の商用通信衛星であると主張しています。

READ  西九州新幹線が9月23日に開通。