10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の三井物産がMotek電力会社向けのデジタルパフォーマンスサービスを開始


写真

大林優香

東京(ロイター)-日本の三井物産とその子会社であるMotech Inc.は、エネルギーや他社の生産性向上を支援するデジタルサービスを開始し、5年間で最大1億ドルの売上を目指しています。

シェイプと呼ばれる新会社は、アイドル時間の短縮における欠陥の初期の兆候を検出し、メンテナンスコストの削減に失敗する前に行動する、とモデックのエグゼクティブ、チョイジ・イデはロイターに語った。

この動きは、世界の石油およびガス生産者が将来の成長を促進し、運用効率を改善し、生産性を向上させるために利益を上げるために、グリーンエネルギーにさらに投資する必要があるためです。

「石油業界は脱炭素化に向かっていますが、移行中にコアビジネスを改善することが重要であり、私たちはそれを支援したいと考えています」とEid氏は述べています。

デジタルサービスは元々、浮体式生産貯蔵および荷降ろし(FPSO)船のテクノロジーとModekの20年以上の累積パフォーマンスデータを組み合わせることでアイドル時間を短縮するために作成され、アイドル時間を87%短縮しました。

三井物産のMotek(14.9%)は、FPSOの世界最大のオペレーターの1つであり、石油およびガス会社が貯蔵および荷降ろしの目的で使用する浮体式船です。

「私たちはアジアの主要な石油生産者と世界的な海運会社および鉄鋼メーカーと話し合っている」とイードは述べた。

同社のゼネラルマネージャーである堀研太氏は、三井物産はグローバルネットワークを利用して新サービスを拡大すると述べた。 マイクロソフトとマッキンゼーは技術パートナーです。

世界中の企業が二酸化炭素排出量を合理化するのを支援するために、デジタルモデルが開発されており、あらゆる段階で二酸化炭素排出量を特定および測定しています。

(大林由香による報告、ルイ・ヘブンスによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  ウガンダのアスリートが日本の合宿に行方不明