8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の三井住友銀行が第1四半期の利益の増加、三井の減少を報告

東京、7月29日(ロイター)-日本の三井住友フィナンシャルグループ株式会社 (8316.D) 第1四半期には、経済情勢の改善により、予想を上回る純利益の増加が報告されました。 (8411.D)

日本で2番目に大きい貸し手である三井住友銀行は、商業および産業ローン、ならびに銀行のクレジットカードおよび消費者金融事業部門のローンに対する需要が回復していると述べた。

パンデミック規制の緩和は事業活動の復活に役立ち、国内外での資金と投資の需要を押し上げたと述べた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

4〜6月期の純利益は、前年比24.2%増の2,524億円(19億ドル)で、リフィニティブが調査した2名のアナリストの平均予想1,563億3000万円を上回った。

逆にみずほフィナンシャルグループ株式会社 (8411.D)日本で3番目に資産規模の大きい貸し手である、第1四半期の純利益は、税関連の利益によって収益が増加した前年比で36%減少しました。 続きを読む

みずほは、自動車部品サプライヤーのマレリ・ホールディングスに30億ドルのエクスポージャーを与えるために追加の貸倒引当金を取りました。マレリ・ホールディングスは、自主的な債務行使が完全な支援を確保できなかったため、裁判所主導のリストラプロセスに入りました。

しかし、みずほ銀行は、資本市場での資金調達に伴う借入コストの低下に企業が惹きつけられたため、海外でのローン需要が旺盛だったと語った。

みずほの4-6月期の利益は1592.9億円(12億ドル)で、平均の1152.5億円を上回った。

三井住友銀行と水穂は、ウクライナ戦争をはじめとするさまざまな不確実性を理由に、通期の純利益予想をそれぞれ7,300億円と5,400億円に維持した。

日本最大の貸し手である三菱UFJフィナンシャルグループ株式会社 (8306.D) 火曜日に四半期決算を発表します。

調査会社帝国データバンクによると、日本の企業倒産は過去最低で、前年比1.2%減の3,045件となった。

しかし、パンデミックの終焉に見舞われた中小企業向けの無利子ローンと商品コストの上昇に伴い、DeGokuは現在、下半期に破産が徐々に増加すると予測しています。

($ 1 = 132.6800円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

山崎マキコとロッキー・スウィフトのレポート。 Jacqueline Wong、Clarence Fernandez、DavidEvansによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  前回のオリンピック5日目に東京の政府の毎日の事件は4,000を超えました