9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のルノーがフィリピンの水力発電プロジェクトに参加

マニラ-日本の再生可能エネルギー会社RenaultInc。は、フィリピンの金融機関と融資契約を結び、フィリピンの水力発電プロジェクトに参加しています。

ルノーは、フィリピン北部のイフガオでのQianconプロジェクトは、最初の水力発電プロジェクトであり、東南アジアの国への最初の投資であると述べた。

東京に本拠を置く同社は、ルソン島の17.4メガワットの発電所に支払うべき金額を明らかにしなかった。

「フィリピンでは、それぞれの電源の固定価格買取制度の下での可能性を考慮して、水力発電を選択しました」とRenovaの関係者は述べています。

Renaultは、地元の再生可能開発者であるAlternergy RenewableCorporationと建設会社のSantaClara International Corporationとの間で特別目的の会社を設立し、プロジェクトの土木工学と財政支援を拡大しています。

4月に着工しました。 ルノーは、発電所がいつ稼働するかを特定せずに、プロジェクトはスケジュールに従って継続していると述べた。

ルノーは、最大80 MWの発電所を含む太陽光発電所を建設し、国内の上級エンジニアのスタッフを維持しています。

ルノーは、フィリピン、ベトナム、インドネシア、韓国での海外の再生可能エネルギー事業を優先しています。 (NNA /京都)

READ  円のデルタバリアントとして、ドルブームは安全に飛ぶ