5月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のマンホール蓋が首都圏に外国人観光客誘致 – SoraNews24 -Japan News-

日本のマンホール蓋が首都圏に外国人観光客誘致 – SoraNews24 -Japan News-

街路の蓋は現在、市内で最も珍しい観光スポットとなっており、無料の記念カードとして持ち帰る方法もあります。

東京は広大な大都市で、歴史ある寺社から、インタラクティブな展示を行ったり、花の美しさを称賛したりする新しい美術館まで、観光スポットがたくさんあります。

しかし、街自体は多くの海外の人が見慣れているものとは大きく異なるため、簡単に自分だけの興味の対象となりやすいのです。特に彼らにとって魅力的なのは、 珍しいマンホールの蓋

上の写真のような桜をモチーフにした東京の標準的なマンホールの蓋でさえ、部外者の目に留まるかもしれませんが、東京にはさらに素晴らしい例があり、外国人観光客の間で非常に人気があり、中には旅行に行く人もいます。彼らを観察する邪魔をしないでください。

この狩猟では、住田区の裏通りなど、ランダムな場所に訪問者を連れて行くことができます。これに記者の中澤星児は驚き、このマンホールの蓋がなぜそれほど特別なのかを知るために、そこを訪れました。 両国の駅の外には、全国で活動している相撲部屋の半分以上があり、 大相撲の両国国技館で車で道路を走ってみると、そこが住宅街だったので驚いたという。

外国人観光客が集まる相撲場から離れた通りを歩いていると、その雰囲気は信じられないほどカジュアルで観光客向けではない。

北斎取りとなり、セイジは今、自分がその道を歩んでいることを実感する 住田北斎美術館日本で最も尊敬される浮世絵師の一人、葛飾北斎 (1769-1849) を専門とする美術館。

この通りで最も美しいのは、北斎の版画に登場するような木々でした。

すみ田北斎美術館前の信号を渡ったとき、初めてマンホールの蓋を見た。

…神奈川沖浪裏!

北斎のこの作品は、彼の作品の中で最も有名なものの 1 つです。 富嶽三十六景 一連の木版画は、1831 年の制作からほぼ 200 年を経た現在、 それはマンホールの蓋のストリートアート作品としてここにあります。

セイジさんは美術館の外にとても美しいものがあるのに驚き、それをよく見てみると、外国人観光客が街の最も壮観な景色を観察しながら何をしているのかを知っていることに気づきました。 間違いなくそのうちの1つです。

この発見はとてもユニークで魅惑的なもので、旅する価値があり、セイジさんはとても興味をそそられたので、市の公式サイトで彼が「デザインマンホール」と呼ぶものを検索することにしました。 東京都下水道局マンホール蓋を統括する会社です。 調べてみると近くにさらに2匹いることが判明したので、様子を見に行きました。

▼署長へ『はきよい! 関取くん』は相撲協会の公式キャラクター。

ただし、2 番目の場所は「相撲像の前」とだけ説明されていたため、見つけるのが少し困難でした。 セイジは思わず待ち合わせ場所に良さそうな駅西口前のこの相撲像に向かったが、近くにマンホールの蓋は見当たらなかった。

さらに調べた結果、セイジさんは、道の反対側に別の相撲像があったため、間違った相撲像の隣に立っていることに気づきました。

▼しかし、この像の近くにはマンホールの蓋はありません。

辺りを歩いていると、別の銅像が見えてきました…。

▼…しかし、これも違います。

セイジさんは国気丸の前の通りを30分ほど行ったり来たりして歩いた。

▼そこで発見!

実はこの相撲像はJR両国駅から最も遠い場所にあり、比較的アクセスが難しいので、探しているならここにあります。

この場所のマンホール蓋は北斎の景色が描かれた美しいものです 風が良く、晴れた朝としても知られている 赤富士富嶽三十六景シリーズのもう一つの傑作。

両国は北斎ファンにとって、マンホールの蓋だけでなく、近隣の観光スポットも含めて旅の計画に組みたくなる場所です。」住田が誇る世界的画家、葛飾北斎の足跡をたどる」。

▼東京で最も芸術的なベンチがここにあります。

両国のマンホール蓋の美しさを体験したセイジさんは、なぜ外国人観光客がマンホール蓋を飽きさせないのかを理解しました。 また、 GKBそれは、 ケスイコーホープラトホーム (「下水道PRプラットフォーム」)を開設しました マンホールの蓋にマッチするコレクションカバーの完全なシリーズ発見したユニークなお土産を持ち帰ることができます。

カードは見つけるのが難しい場合がありますが、通常はマンホールカードの近くにある観光案内所でリスナーに無料で配布されています。 または、利用可能です 東京都下水道資料館 五島区と 倉目は水の家 台東区内にありますが、地域ごとに専用カードがあるため、別の施設に行ってカードを集める必要があります。

東京で最も人気のあるマンホールの蓋の 1 つ ゴジラ 1、それは取ることができます 新宿観光案内所 ゴジラのマンホールの近く。 日本の排水溝の蓋はポケモンから宮崎駿のキャラクターまであらゆるもので飾られているので、見るものや集めたいカードがたくさんあります。 皆さん、楽しい狩猟を!

写真©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローして そして ツイッター
[ Read in Japanese ]

READ  このワイドボディの日産ZGT500は、日本のスーパーGTシリーズのGT-Rに代わるものです。