11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のホンダが中国で新型EVモデルを発売

東京 – 日本の本田技研工業は土曜日、世界最大の自動車市場で急速に成長しているバッテリー駆動の自動車セグメントを対象とした、新しい中国限定の電気自動車 (EV) ラインナップの 2 番目のモデルを発表しました。

日本の自動車メーカーは昨年、「e:N シリーズ」と呼ばれる新しいブランドの下で、パートナーと今後 5 年間で EV モデルを発売する計画であると語った。 GAC そして東風汽車。 4月に中国で第1弾モデルの販売を開始。

ホンダは、「ホンダは、ホンダだけが提供できるユニークで多様な電動モビリティ製品で、中国の電気ブランドとしての地位を再構築しています。 最高経営責任者(CEO) 三部敏宏のコメント。

ホンダと日本の主要な同業者であるトヨタ自動車株式会社と日産自動車株式会社が直面している重要な課題は、EV 部門で前進したテスラ株式会社などのライバルに追いつくことです。

ホンダは、2030年までにグローバルで30モデルのEVを投入し、年間200万台のEVを生産することを目指しています。

昨年、中国は、2030年以降、バッテリー電気自動車、水素燃料電池自動車、またはガソリン電気自動車を含む電気自動車モデルのみを導入すると述べた.

その2つの合弁事業、 GAC-ホンダと東風ホンダは、2024年に生産を開始する予定の新しいEV専用組立工場を建設する計画。

READ  価格圧力が拡大する中、日本のヘッドラインインフレは史上最高を記録しました