6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のベストカンパニー:日本”ビッグフォー’はビッグファイブカンパニーになるのか?

日本最大の法律事務所—西村あさひ; 長島小野&綱松; 森・濱田&松本; そしてアンダーソン・毛利と友津根-は日本市場でも同じであり、彼らの契約の価値と彼らが使用する弁護士の数を支配しています。 しかし、日本の「ビッグフォー」として知られるこれらの企業と競争することを期待して、新興企業は競争相手としての地位を確立しました。

「4つの法律事務所は日本のM&A市場には小さすぎます。私たちは、最大の法律事務所の1つになるのに良い立場にあると思います。」 東京のTMIアソシエイツのパートナーである齋藤拓氏は語った。

知的財産の実践で最も有名な法律事務所であるTMIアソシエイツは拡大しています。 日本バー協会連盟(JFBA)が発表したデータによると、1990年に設立され、2010年から2018年にかけて350人以上の弁護士を擁し、日本で5位にランクされました。 2019年と2021年には、450人を超える弁護士を擁し、4大会計事務所の1つのうち4位にランクされました。

弁護士の数が増えただけではありません。 TMIは、日本に6つのオフィスを持ち、海外に10のオフィスを持ち、Simmons&Simmons、Morgan Lewis&Bockius、ドイツに本拠を置くARQIS外国法務局などの国際企業との合弁事業であり、日本のM&A取引の主要プレーヤーになりつつあります。 日本および海外の企業。

たとえば、Covid-19が普及する前の2年間で、TMIは、ブルームバーグが発表したM&Aデータによると、契約数で20社中13位と17位にランクされ、契約数は15未満でした。 しかし、2020年には60件の契約で5位に、2021年には88件の契約でそのランキングを維持しました。

「TMIは1990年に弁護士やサポートスタッフを含めて20人以上で設立されましたが、現在は合計1,000人以上の従業員がいます」とSimmons&Simmons東京オフィスのマネージングパートナーであるAaronPatienceは述べています。西村あさひなどから採用されています。」

採用されたのは、M&Aとコーポレートガバナンスの専門家であり、日米両国で研修に登録し、2017年1月に西村あさひのパートナーとしてTMIに参加した岩倉正香です。

M&AパートナーであるTMIの斉藤氏は、日本の4大会計事務所が依然として日本のM&A市場を支配しており、変化する可能性は低いことを認めています。 しかし、その市場は急速に拡大しているため、4社すべてが需要を維持できず、クライアントは、TMIが主に相談していた敵対的買収を含め、M&A取引についてアドバイスを求めるようになっています。 日本語の宛先ページ。

しかし、日本のビッグ4は、チームとして、打ち負かすのは難しいです。 ブルームバーグによると、日本は2021年に締結されたM&A取引の総額で、国内および世界の上位20社の上位7社にランクされており、平均売上高は約350億ドルで、総市場シェアのほぼ半分です。 M&Aレポート。 Kovitの前は、彼らはトップ5に入っていました—取引の平均値は507億ドルを超えており、総市場シェアの77%でした。

「初期には、さまざまな実践分野にちなんで名付けられた4大会計事務所は、長年にわたり、同様の実践と能力を備えた1つの大きなまとまりのあるグループに形成されていました」と日本の法務研究センターのマネージングディレクターである石塚信久は述べています。 。 コロンビア大学ロースクールとスキャデン、アープス、スレート、ミーガー&フロムの元パートナー。

海外での仕事をするとき、競争はさらに難しくなります。 TMIは、契約した合弁事業ベースのネットワークを利用して、日本国外の日本の顧客をサポートし、4大会計事務所は統合された国際ネットワークを完全に管理していると石塚氏は語った。 その合弁パートナーであるモーガン、ルイス&ボギウス、およびアーチーズ外務省はコメントの要請に応じなかった。

西村あさひは、特にアジアを中心に、日本で最大の4人の人数を抱えています。 東南アジアでは、各オフィスに現地の法律コンサルティング機能があります 中山隆太郎は、東京での同社のマネージングパートナーです。 2019年にタイの大手法律事務所であるSCLGroupを買収し、2020年にシンガポールのベイフロント法と正式な法律提携を締結しました。 それらの市場では、会社は 中山氏によると、日本の顧客だけでなく、地元の人々にも完全な現地法務サービスを提供できるという。 また、北京、上海、ハノイ、ホーチミン市、台北にも拠点があります。

アジア以外では、西村はフランクフルト、Dசsseldorf、ニューヨークにもオフィスを構えていますが、今のところ、 これらの前哨基地の主な目的は、日本のクライアントのニーズに先立って、タイムリーで第1レベルの情報と現地法の正確な分析を提供し、クライアントをこれらの市場で最高の現地法律事務所と結び付けることです。

近年、日本企業はデジタルトランスフォーメーションを経験しているため、西村はIP慣行をさらに拡大し、IP問題に関する協議の要求の高まりに対応しようと努めてきました。 高部眞規元知的財産高等裁判所長官は、2021年10月に同社の知的財産能力を強化すべきだと助言した。 同社はエネルギー慣行をさらに拡大する予定であると中山氏は語った。

日本の上位4社のうち残りの3社は中島小野と砂松です。 森・濱田&松本; そしてアンダーソン・毛利&トモツーン-彼はその話についてコメントすることを断った。

一方、日本の国際法律事務所は、ホワイト&ケースなどの一部は取引額で1位にランクされていますが、原則として、契約数では日本のカウンターパートに隠されています。 ブルームバーグのデータによると、症例は少ない。

しかし、国内のM&A市場では、日本のリーグテーブルによると、4大会計事務所と最近ではTMIアソシエイツが契約額と契約数の両方でトップに立っています。 「日本の国際法律事務所は、4大会計事務所に挑戦することを望んでいません」と、特に非常に大規模な取引で4大会計事務所と頻繁に協力しているコロンビア大学ロースクールの石須賀氏は述べています。

ただし、DMIはありません 特に日本国外での野心を促進する。 同社は現在、上海、北京、ヤンゴン、シンガポール、ホーチミン市、ハノイ、プノンペン、バンコク、シリコンバレー、ロンドンの10の海外オフィスを持っています。 共同創設者のパートナーである戸山知宏氏は、現在、アフリカ、中東、ラテンアメリカでのプレゼンスを拡大しようとしていると語った。

Simmons&Simmons Patienceによると、これはM&Aにとどまりません。

“これは その仲裁は、慣行を発展させるために私たちの助けを求めています」と彼は言いました。

READ  最愛の日本のロボットアシモは22年のサービスの後に引退しました