12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のプロレス界のレジェンド、アントニオ猪木が79歳で死去:報道

東京:日本のプロレスラーから政治家に転身したアントニオ猪木が土曜日(10月1日)に79歳で亡くなったと地元メディアが報じた。

公共放送NHKは、彼が心不全で死亡したと述べた.

身長 1.9 メートルの猪木は、日本の総合格闘技のパイオニアであり、1976 年に東京で開催されたレスラー対ボクサーの厳しい試合で世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリをノックアウトしたことで名声を得ました。

1989年、彼は今は亡きスポーツと平和の党の立法議会の参議院議員に選出されました。

彼は、1990 年の湾岸戦争の前に、日本人の人質を解放するためにイラクに行きました。

猪木氏は1995年に議席を失い、1998年にレスラーを引退したが、2013年に別の野党議員として参議院議員に再選された.

何年にもわたって北朝鮮と強い個人的関係を築いてきた猪木氏は、2019年に政治家としてのキャリアを終えるまで、何十回も北朝鮮を訪れ、冷戦中の平壌による日本人拉致問題の解決に貢献した.

猪木完二(いのき・かんじ)という本名のレスラーは、「スポーツを通じて世界平和に貢献したい」と語り、北朝鮮で格闘技やレスリングの祭典を開催し、訪問中に高官と頻繁に会った.

日本の当局者は、遠征をサイドショーとして却下した。

当時の菅義偉内閣官房長官は記者団に対し、東京が北朝鮮への渡航禁止を課したことを思い出させ、政治家に「適切に行動する」よう促した。

しかし、日本のテレビニュースは猪木の訪問を徹底的に報道し、北朝鮮での生活の詳細が漏洩しなかったため、訪問は関心を引き起こした.

猪木氏は、外向きのあごとトレードマークのネクタイと赤いスカーフを身に着けており、夏でも – 政府に外国人に対する公式の立場を取るように強制した. 地平線に消えていきます。

2020年、猪木は心臓病と診断されたと語った。

READ  日本のスターバックスのピンクの飲み物は違います