5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のファッションマグネットマサワが「愛情のこもった」ロボットイニシアチブを買収

東京、3月15日(ロイター)-日本のファッション界の大物、メサワユサクは、火曜日に「人々を幸せにする」能力に触発されたと言って、「愛情のこもった」アクセサリーロボットを作成するGroveXと呼ばれるロボット工学のスタートアップを買収した。

ソフトバンクグループ株式会社は、同窓生が設立したスタートアップの過半数の株式を、正和が所有するファンドから取得した。 (9984.D) ロボット工学事業も4月に完全所有になると、GroveXは詳細を明かさずに述べた。

Lovotは「愛」と「ロボット」の組み合わせで、車輪と漫画のような人間の目を持つペンギンに似ています。 それは交換可能な衣服を持っていて、きしむ音で通信します。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

正和氏は声明のなかで、「掃除も仕事もできないが、特にこの時期、人々が幸せに感じることができる存在で大きな可能性を感じている」と述べた。

Groove Xはこれまで、日本政府とトヨタ自動車の支援を受けた資金を含め、投資家から80億円(6,760万ドル)を調達していました。 (7203.d)

産業革新機構は火曜日、株式をマサワに個別に非公開で売却したと発表した。 したがって、利益が得られたかどうかを言うことを拒否します。

前澤氏は「社会問題を解決する家庭用ロボットのコンセプトに強い関心を示した」と語った。

昨年、ロシアのロケットで国際宇宙ステーションを訪れたこのビジネスマンは、ソフトバンクのインターネット事業に買収されたオンラインファッション小売業者であるゾゾを設立することで財産を手に入れました。

前澤氏はその資金で、トイレの習慣の分析、動物の健康状態を監視するスマートな猫砂トレイの作成、有名人のカスタマイズされたビデオの提供などのイニシアチブに投資してきました。

($ 1 = 118.3100円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

山崎真紀子レポート; リチャード・ブルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本は重要な技術を保護するために経済安全保障法案を可決した