10月 20, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のビジネス環境は堅調な需要で改善しており、政府後の回復が期待されています


写真

田中哲司と木原ライカ

東京(ロイター)-中央銀行の調査によると、次の政権の動きが景気後退から脱却することを示した中央銀行の調査によると、9月の第5四半期にメーカーが強い世界的な需要を押し上げたため、日本の企業心理は改善した。

ワクチンの持続的な改善と経済活動の再開への期待もまた、非製造業者のムードを高めるのに役立ち、日本銀行の見解では、緊急規制の終了は消費に役立つ可能性があると述べた。

しかし、製造業者は、部品不足とアジアの工場閉鎖が生産を混乱させるため、3か月前に景気が悪化すると予想しています。これは、日本の輸出志向型の回復が弱いことを強調する調査です。

信金中央金庫リサーチのシニアエコノミスト、須田田タグミ氏は、「自動車メーカーのセンチメントは悪いが、それはネガティブだが、パワーマシンの力と設備投資による世界的なIT需要の継続的な拡大のおかげだ」と語った。

「流通障壁は、アジアからの不足を伴う広大なセクターに影響を及ぼしています」と彼は言いました。 「GDPの混乱は自動車メーカーを超えて広がる可能性があります。」

日本銀行(日銀)による注意深い短観調査によると、主要メーカーのセンチメントを測定するベンチマーク指数は、7月から9月にプラス18であり、前四半期のプラス14とプラス13の市場予測を上回った。

非大手メーカーのセンチメント指数は6月にプラス1からプラス2に改善し、5回連続の改善を記録し、フラットな読み取りの平均市場予測を上回りました。

この調査は、岸田文雄首相の翌週、経済を復活させ、より多くの富を家計に分配するよう命じた岸田文雄にとって良いことだ。

ほとんどの企業が9月10日までに回答を送りましたが、木曜日の調査は、すべてのコロナウイルスの緊急事態を終わらせるという政府の決定の要因ではありませんでした。

それにもかかわらず、小売業者、レストラン、ホテルは、経済の再開に対する楽観的な見方を反映して、3か月前のビジネス状況についてあまり関心がなかったことが調査で示されています。

日銀の関係者は会議で、鉄鋼や石油などのセクターの一部の大企業が顧客へのより高いコストの提供を進めているため、状況は改善していると語った。

大企業は、2022年3月期の設備投資が10.1%増加すると見込んでおり、日銀のビジョンを支える強力な企業部門の活動消費支援が行われている。

この調査は、日銀が10月27日から28日に金利レビューを満たしたときに、四半期ごとの成長とインフレの予測をいつ修正するかを検討する要因の1つになります。

大岩証券のチーフマーケットエコノミスト、岩下真理氏は、「日銀は、企業収益と設備投資計画の予測に重点を置いている」と述べた。

「これらの測定値を見ると…日銀はおそらく中程度の回復予測を維持するだろう」と彼は述べた。

しかし、研究者たちはいくつかの心配な症状を指摘しました。 大手自動車メーカーのセンチメントはマイナス7に悪化し、供給途絶の影響で2020年12月以来の最低水準となった。

調査によると、鉄鋼メーカーや小型部品メーカーなどのセクターがすでに悪化を訴えているため、今後数か月で秋はさらに悪化するだろう。

(田中哲司と木原ライカによる報告、ゴミアとダニエル・ロイシンによる追加報告、サム・ホームズによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本のアートアイランド:藤本サフ、西澤竜、妹島和世の作品