1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のビジネスマインドは高コストの源泉に固執している、日銀の回復の見方


ファイル画像:2017年11月13日にスイスのチューリッヒ大学で講義を行う黒田東彦日本銀行総裁。 ロイター/ Arnd Wiegmann

ダニエル・ルシンクとライカ・キハラ

東京(ロイター)-黒田東彦中央銀行総裁の水曜日の調査によると、日本の製造業者は1月の景気に対する前向きな姿勢が弱まり、インフレ率の上昇とともに景気は回復に向かっていると述べた。

ロイターのトンガの調査によると、企業はエネルギーと原材料の価格の上昇が利益を圧迫していると不満を漏らしており、オミグロンの亜種が主導するCOVID-19症例の急増の潜在的な影響があります。

この調査は、燃料と食料の輸入に大きく依存している国として日本が直面しているジレンマを浮き彫りにしている。その経済は、現在進行中のコストプッシュインフレのタイプによって大きな打撃を受けている。

インフレは日本銀行の2%の物価目標を達成するための努力の歓迎すべき改善ですが、生活費の上昇が消費を冷やし、企業が物価を上げることを思いとどまらせ、日本をデフレに追いやるリスクがあります。

黒田氏は水曜日の日銀の地方支部長へのスピーチで、エネルギーコストの上昇と予想される需要の増加により、消費者インフレは徐々に上昇する可能性があると述べた。

「日本経済はトレンドとして成長しているが、コロナウイルス感染の影響で厳しい状況にある」と黒田氏は語った。

同氏は、「日銀は、エピデミックの影響を調査し、必要に応じてさらなる緩和策を講じることを躊躇しない」と述べ、巨額の金銭的インセンティブで景気回復の弱さを支援することに焦点を当てるという中央銀行の決定を繰り返した。

日本経済は、供給制限の制限と感染産業の生産と消費を管理するための措置により、昨年の第3四半期に縮小しました。

アナリストは、オミクロン感染の最新の急増は曇っていますが、10月から12月と今四半期に生産と消費が増加すると予想しています。

情報筋はロイター通信に対し、日銀は4月から始まる会計年度のインフレ予想をわずかに引き上げると予想されているが、新しい予想は2%の目標を下回ると語った。

日本は世界的な商品インフレの影響から回復しておらず、11月の卸売価格は前年比9.0%上昇しました。

しかし、賃金の伸びと消費の鈍化により、多くの企業が上昇するコストを家計に送ることができず、11月の主要な消費者インフレは0.5%にとどまりました。

(DanielLucinkとLeicaKiharaによる報告、Sang-RonKimとJacquelineWongによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  北京の学生がウィンタースポーツのために日本のアスリートを応援しています