10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のパネルは政府の制裁の拡大を承認します

2022年1月22日、日本の東京で、保護マスクを着用した訪問者が、コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの真っ只中にある歩行者の場所を歩きました。 ロイター/加藤一世

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、1月25日(ロイター)-日本は火曜日に、コロナウイルス保護が改善された地域の数を2倍以上に設定し、伝染性のオミグラン変異体と戦うために戦術を変更しようとしたにもかかわらず、記録的な数の症例を引き起こした。

政府保健委員会は、大阪と京都の西部州の18の追加地域で抜本的な対策を拡大することに署名しました。

これらの対策は、オミクロンによって引き起こされた感染症と入院の増加に対応して行われました。 公共放送のNHKによると、月曜日に日本で44,000件以上の新規症例が登録された。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

木曜日から2月20日まで実施されるこの禁止措置は、地域の知事がレストランやバーの営業時間を短縮し、アルコールの提供を停止することを許可しています。

すでに16の省で発表されているこの拡張は、来月半ばまでに日本の地域の70%以上をまもなくカバーすることを意味します。

諮問委員会は、2月20日までの3つの地域でのいわゆる半緊急作戦の延長を承認した。

岸田文雄首相が率いる政府のワーキンググループは火曜日に結果を正式に承認する予定です。

月曜日遅く、保健省は、地方自治体が必要と判断した場合、医師がCOVID患者と密接に接触している人やCOVIDの兆候を示している人を検査せずに診断できるようにすることを発表しました。

新しい方針は、患者がそこでの感染状況に応じて地域社会の方向で即時の検査と治療を受けることを可能にするだろう、と松野博康事務局長は火曜日に言った。

「医療機関に行く前に検査を組み合わせるなど、患者が利用できる選択肢を拡大する方針を提案している」と彼は述べた。

Covit-19で深刻な病気になるリスクのある人は、新しい方針の下でも医師の診察を受けるべきだと彼は言った。

ドーハ大学の医師兼研究者である粕脇神大氏は、COVID-19を臨床検査の確認なしに投与することは、医師が「社会的負担の高い」地域でインフルエンザと戦う方法と似ていると述べた。

「重要なことは、一部の人々が最終的に病気になることです。病院に入院させるだけでなく、新しい経口薬へのアクセスを提供することによって、彼らが安全であることを保証するための優れた監視システムが必要です。

岸田は議会の討論で、政府はCOVID-19患者と密接に接触している人の短期隔離を検討する際に科学的データを比較検討すると述べた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

スキヤマサトシによる報告; Clarence Fernandez、RobertBrusselによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本がキャピタルゲイン税の引き上げを検討する-政府高官