5月 18, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のパイオニアは気分を変える必要があると言います

東京(AFP)- 過去10年間で、300万人の女性が日本の労働力に加わりました。これは、政府の政策を推進する「女性」のキャッチフレーズを作成した最高経営責任者のキャシー松井のおかげです。

しかし、非常に多くの女性が危険なアルバイトをしているため、Covit-19の打撃を受けることが多いセクターでは、世界第3位の経済大国が未使用の才能を活用するために懸命に努力しなければならないと彼は言います。

それは、経営者の性的な考え方から離れ、日本の長年の労働文化に挑戦し、「より多様な起業家」とのスタートアップを促進することを意味します。

「この国の女性起業家の割合は非常に低い」と、日本の米国投資銀行であるゴールドマンサックスの元副社長である松井氏はAFPに語った。

「しかし、自分の運命を実行したいのであれば、起業家になることはそれを行うための最良の方法の1つです。」

日本の男性優位のビジネス界のトップにいる数少ない女性の一人である松井さん(57歳)は、倫理的な若い企業に投資する昨年設立された会社の副所長です。

日系アメリカ人は1999年にゴールドマンサックスに滞在し、彼が「女性」と呼んだ日本の労働力への女性の参加を増やすことの経済的利益に関する研究を発表し始めました。

驚いたことに、これらのアイデアは、病んでいる日本経済を復活させるための彼の署名計画の一環として、2012年に安倍晋三前首相によって復活させられました。

それ以来、OECDの統計によれば、日本の働く女性の割合は60%から70%に上昇し、約300万人に相当します。

しかし、現在でも、米国の40%に対して、日本企業のマネージャーの15%だけが女性です。

感染症の問題

「ほとんどの確立された企業の考え方や行動を変えようとすることは不可能ではありませんが、非常に柔軟なスタートアップとは異なり、長い時間がかかります」と松井氏は語った。

最近の進展は非常に遅いため、日本政府は2020年までに幹部職の女性の30%の目標を10年間延期することを余儀なくされています。

他の国のように、政府の危機は助けにはならなかった。

193か国のデータを分析したワシントン大学が今年ランセットで発表した調査によると、世界中で、女性は男性よりも流行の最初の18か月で失業を報告する可能性が高かった。

日本では、多くの女性が子供や年配の親戚の世話をするためにパートタイムで働いており、多くの場合、切望されているサービス産業で働いていると松井氏は語った。

彼は、女性がフルタイムで働くのを助けることは政府の責任であるだけでなく、管理者の責任でもあり、女性が昇進する可能性が高いと考えています。

格付けは「時間的要因よりもアウトプットとパフォーマンスに重点を置くべきであり」、マネージャーは偏見に対処するように訓練されるべきです。

「結婚したばかりで昇進のために何度も通りかかる女性に会う」と、雇用主は女性が出産休暇を取ることを「危険にさらす」ことを望まなかったと彼は言った。

そして、それは緊急です-日本の急速に高齢化する人口がその労働力を縮小するにつれて、「あなたができる最も速いことはあなたの顔の表情を利用することです」。

新しいビュー

松井は、「仕事の価値」を教えてくれた花卉園芸業を営む日本人移民の娘としてカリフォルニアで育ちました。

彼はハーバード大学で学び、そこで社会科学の学位を取得して卒業しました。 卒業後、両親の母国で初めて日本に留学するための奨学金を受け取り、金融業界でのキャリアを積むために滞在しました。

彼女は、彼女の「女性」の議論が平等の利益についての新しい見方を提供したので、大臣との良好な関係につながったと信じています。

大企業が男女共同参画に関するデータを公開するための目標と要件松井氏は、この問題が日本でどのように見られているかという重要な問題から「日常会話のトピック」へと移行しました。

しかし、彼女は女性が職場で直面する問題について話しているだけでなく、データを粉砕して解決策を見つけるという彼女の本来の原則にも取り組んでいます。

「測定しないものを管理することはできません」と彼は言いました。

現在、松井氏は、環境、社会、企業統治(ESG)を優先する事業に投資するベンチャーキャピタルであるMPower Partnersの共同ディレクターとして、日本で比較的小規模な新興企業を育成したいと考えています。

「これが非常に小さい理由の一部は、多様性の欠如、または(企業が)グローバルに十分に考えていないことです。MPowerで私たちが本当に変化を助けたいと思っている2つの視点」と彼は言いました。

しかし、投資を探している企業は、グリーンウォッシングと呼ばれる浅い戦術に対処することに注意する必要があります。

READ  元日産のボスがオルゴールを日本から脱出することについてオープン