1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のバーリントンのヒップカルマがアジアンフュージョンでフランスと出会う

バーリントンのカルマアジアンフュージョンではスキップできません。 レストランは週に3ポンド以上のキャビアを食べます—100グラムあたり15缶の費用がかかります—そして本物の食品のみを使用します。 ここの食べ物は風味のある油や皮が含まれていません。

「サーモン・オン・ファイア」を皮切りに、メニュー全体に高品質の食材が豊富に含まれており、料理のプレゼンテーションや味を正当化しないプレゼンテーションで食欲をそそります。 小さなコーヒー豆に唾を吐きかけた寿司グレードのサーモンの細長い細片を、食用の花、揚げタマネギ、食用の果物の美しいミックスに貼り付けました。 サーバーはコーヒー豆を火に入れ、ぶら下がっている魚をゆっくりと吸います。 火が自動的に消えない場合は、新鮮なラズベリーソースをストリップに振りかけると消えます。 鮭が豊富な食用と甘酸っぱいラズベリーで育てられた—それはほとんど圧倒的に見えるかもしれませんが、それは完璧です。

READ  Kovit-19の期間中の日本への旅行:行く前に知っておくべきこと