2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のバレンタインデーのチョコレート予算が34%高騰

日本のバレンタインデーのチョコレート予算が34%高騰

バレンタインデーにチョコレートを買う予定の女性の平均予算は5,024円で、前年比34%増となったことが、東京の調査会社インテージが木曜日に発表した調査結果で明らかになった。

消費習慣に影響を与える価格高騰の懸念にもかかわらず、新型コロナウイルス感染症による制限解除後の対面でのやり取りの増加を反映して、チョコレート提供プログラムのすべてのカテゴリーで計画支出額が前年比で増加した。

調査は1月に全国で15~79歳の男女2500人を対象に実施された。

チョコレートを誰に贈りたいかを尋ねたところ、家族が44.7%でトップとなり、恋人やパートナーにチョコレートを買う割合は昨年より6.4%に減少した。

調査対象者の21.7%は自分用にチョコレートを買うと回答しており、これは恋人へのチョコレートの3.4倍であり、次いで13.9%が友人のためにチョコレートを買う予定であると回答した。 調査報告書の研究者らは、この傾向は消費習慣の多様性にあり、自分へのご褒美を選ぶ人が増えていることが原因だとしている。

近年では、 おしちょこ (大まかに翻訳すると「私のお気に入りのチョコレート」)は、ソーシャルメディアプラットフォームで人気のバズワードになりました。 人々が推しチョコに参加する主な方法の 1 つは、チョコレートやその製品の周りで写真を撮ることです。 推し (好きなアイドルやキャラクター) もう 1 つの方法は、同じファンダムの一員である友人にチョコレートを贈ることです。 女性回答者の37.4%が「推し」を持っていると答えたが、「推しちょこを購入する予定」は1.2%にとどまった。

働く女性に向けた特定の質問により、伝統に対する抵抗感が明らかになった キリチョコ 職場での(男性同僚へのチョコレート必須)。 パンデミック後は対面での仕事に戻ったにもかかわらず、回答者の82.2%はキリチョコの購入に興味がなかった。

READ  日本ビンミン鈴木:将来、日本の金融政策に何らかの「動き」があるかもしれません