12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のバス会社は引退した車を移動式サウナに変える

私たちを救ってください、サブス!

シンギバスは、ヒマーチャルプラデーシュ州とその周辺の都市に運行しています、長年にわたり貴重な運送会社です。 彼らのロゴでさえ、 ニコバちゃんがファイナリスト 2017年と2019年の全国バスキャラクター選手権の両方で。

とらえどころのないニコバちゃん

しかし、運輸部門全体の競争は無期限です。 大成功 感染から。 特にバス会社は、人口減少や生活習慣の変化などにより、すでに厳しい状況にありますが、過去2年間の旅行や観光の大幅な減少により、バス路線の運営が非常に困難になっています。

そう、 シンギバスの改造を計画している一つの方法は、モバイルサナア市場を多様化することです。、今まではないと思います。 この新しいサービスはSabusと呼ばれます、「サナ」と「バス」の港です。

鳥の通常の帯状疱疹バスのロゴがサウナに変わり、ターゲットのピンファイアがここにあります

その貴重なスペースを無駄にすることなく、 シンキは現在、廃止された市内バスを車輪付きのフルレングスのスチームルームに改造しています。 これを実現するために、同社は日本語で「再生」と「再バス」の代名詞である「リパス」と呼ばれる子会社も設立しました。

▼以前

バスの内部の多くは美しい木製のデザインに再設計されており、停車を要求するために一般的に使用されるボタンのいくつかは、蒸気を作り出すために再作成されます。

プレスリリースによると、特別なイベントのためにサブスは広いエリアに駐車される予定ですが、シートベルトとハンドルの存在は実際の移動サウナの可能性があると言えます。

Sabusがどのように機能するかについてもっと明らかにします 2022年2月の締め切り日が予定されています 近づいています。 これは、被災地で効果的なサポートを提供できる、移動式デイケアルームや移動式シャワーとバスなどの再利用可能なバスサービスの最初の製品です。

今のところ、新木バスがいいイカを欲しがっているという事実に頼っているようです。 市長 するために 僧侶。 Sabusが今後数か月でどのように形作られ続けるかを楽しみにしています。

ソース: SubusPRタイムズ
画像:PRタイムズ

READ  日本は消費に焦点を合わせ、11月のレポートで縮小