4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトリプルティアラ優勝者リバティアイランドがドバイへ向かう

日本のトリプルティアラ優勝者リバティアイランドがドバイへ向かう

2000年、アマチュアライダーの中牛田光正氏は、2年前のアイリッシュ・バンパーズに3回出場し、英国のフラットで10回のライドで2人の優勝者のうちの最初の優勝者となった。

アイルランド留学のため16歳で日本を出たこの若い騎手は、リチャード・ハノン騎乗でダルピネル(エア)に騎乗し、父のコーンドリーでイブ・ジョンソン・ホートンを破って初勝利を挙げたとき、22歳になったばかりだった。 (伊礼)頭一つ分。

21年ぶりに日本一の監督に輝いた中牛田にとって、それは半生前のことだった。 1年後、彼は生涯の馬となるためのレースで牝馬に勝つことを担当した。 リバティアイランド (日本) (ドゥラメンテ {日本}) は昨年日本で最高の牝馬ではありませんでしたが、彼女は 121 点を獲得し、世界初の評価を受けた 3 歳牝馬でした。 3月30日のドバイワールドカップの夜にはスターが勢ぞろい。

ノーザンファームで生産され、サンデーレーシングのカラーで活動し、生涯出走7回でG1勝利を4回積み上げた。 リバティアイランドは2歳でGI阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、翌年4月には桜花賞、優駿牝馬、秋華賞の牝馬三冠を経て復帰した。 昨年彼女を上回ることができたのは、ジャパン カップで 2 位となった強豪エクイノックス (日本) (キダサン ブラック {日本}) だけです。 次は国際大活躍に続き、G1ドバイシーマクラシックへの挑戦を目指す。

リバティ アイランド ドバイ シーマ クラシック | スクープタイガ

私たちは長年にわたり、世界中のトップ大会で日本人トレーナーが活躍する姿を見てきました。 中内田は、合田直宏や関真理子のような優れた翻訳能力を必要としません。彼女は、若くして巣立ち、国際レースで徹底的な基礎を築いた流暢な英語話者だからです。 元雇用主のリストにリチャード・ハノン、クリケット・ヘッド、ボビーが含まれるターフの人物 フランケル

「学生の頃、ヨーロッパの大学で馬科学を学びたかったので、まずアイルランドに行こうと決めました」とアイルランドでJJレノン調教師のもとで騎乗し、その後イギリスでシルベスター・カーク調教師のもとで騎乗した中内田氏は語る。 「その後、イギリスのウィットニーでサラブレッド専門のコースを見つけました。これを許可してくれた両親に感謝します。」

中牛田は父勝志が経営する調教場「信楽牧場」で生まれ、現在では有名なJRAの栗東トレーニングセンターに近いという両親の生活習慣が火をつけた。

最終的に日本に帰国し、最初は橋田満調教師を手伝った後、中牛田氏は2014年に自身の調教師を開業し、現在45歳で、JRAの調教師トップ10リストに常連となっている。 リバティアイランドは彼の名前と才能をさらに広く知らせることができるだろう。

「彼女のような馬を産むことができてとても光栄です」と彼は言う。 「彼女の競走成績は信じられないほどです。彼女はレースでは天性のものであり、素晴らしい才能を持っています。彼女を私の厩舎に迎えることができて光栄です。」

「ジャパンカップの後、彼女は少し休んだのですが、レース後はとても疲れていたので、回復するのに時間がかかりました。 その後、彼女は立ち直り、冬にはうまくいきました。 彼女は今とても強く見え、充実し始めているように見えます。

9歳で悲劇的に亡くなった日本クラシック2冠馬ドゥラメンテと、オーストラリア牝馬のチャンピオンであるヤンキーローズ(オーストラリア)(オールアメリカン{Aus})との交配によって誕生したリバティアイランドは、2024年のデビュー戦の10日前にドバイに旅行する予定だ。 。 彼は、母国で年度代表馬に輝いた日本のジェントルドンナ (JPN) とアーモンドアイ (JPN) の足跡をたどります。 志摩クラシックは日本人ライダーにとって幸せな狩りの場であり、2001 年の第 4 回大会はステイゴールド (日本) で開催されました。 それ以来、ハーツ クライ (日本)、ジェントルドナ、シャハリアル (日本)、エクイノックスがすべて栄誉者名簿に加わりました。

リバティアイランドは日本にとってマイルとハーフマイルで3連勝をもたらす大本命となり、もし勝てば調教師にとって初の国際メジャー勝者となる。

「私たちは、国際的な競馬プログラムを考慮して、ドバイ、サウジ、あるいはヨーロッパ、香港、さらにはオーストラリアにどの馬を連れて行けるかを年間を通じて検討しています。 世界中で大きなレースが開催されており、私は常にそこに出場する機会を探しています」と彼は言います。

中内田騎手は、昨年ドバイと香港でG1勝者のセリフォス (日本) (ダイワメジャー {日本}) に代表され、シャディン G1 FWD QEII カップ ウィズ プレディクション (日本) (ディープインパクト {日本}) で僅差で優勝しました。 , Romantic Warrior (Ire) に騎乗し、(Acclamation {GB}) で準優勝しました。 2022年にグレナディア・ガーズ(日本)の代表としてロイヤル・アスコットに出場した際にも、家族を招待することができた。フランケル {GB})、彼は義理の弟のロジャー・バリアンとともにニューマーケットに滞在しました。 中内田とバリアンはそれぞれ、姉妹の洋子と花子(旧姓園部)と結婚している。

イギリス、アイルランド、フランス、アメリカの調教師のもとで働いた経験から、さまざまなレースイベントやレーススタイルの側面について重要な知識を習得しました。

「だから、何でもかんでも海外に持っていくことはできないんです」と彼は言う。 「慎重に考えなければなりません。軽い馬をヨーロッパに連れて行くことはできません。それぞれの馬に適したルートを考えなければなりません。」

「今年も香港に投影する予定です。彼は沙田が好きで、そこでうまくやっています。ドバイと香港でセリフォスを実行しようとしましたが、望んでいた結果は得られませんでした。これも良い例です。」この馬は日本では得意ですし、体格もよくて筋肉質な馬なので、海外でもうまく走れると思われるでしょうが、試してみましたがうまくいかなかったので、この春は日本での活躍に焦点を当てたいと思います。

中内田さんは過去に、帰国後にトレーニングを学び直さなければならなかったと話しており、「どの人も親切だった」と海外での経験との違いを語る。 そして現在、リトの自宅で20箱を使って活動している様子。

「日本のシステム全体が他の国とは異なります」と彼は言います。 「トレセンでは各調教師に決まった数のボックスが割り当てられていますが、厩舎の数よりも多くの馬を飼っているので、馬を頻繁に入れ替えるので全く違います。レースのスタイルも違います。 [The going is] ここはコンクリートのようで、レースタイムは他のどの国よりもはるかに速いです。 うまくジャンプして落ち着いてから、力強くフィニッシュしなければなりません。 トップクラスのレースでも、ジャンプが速くて途中でスピードが出なくなってしまいますが、最後はやはり加速しなければなりません。 レースは厳しいよ。」

今年のホーム戦線では、彼の主なクラシック期待馬は、先月のG3デイリーハイクイーンズカップの勝者クイーンズウォーク(日本)(キズナ{日本})であり、その兄である前述のグレナディアガーズはG1朝日杯で優勝している。 2020年の安定した未来。 後者は社台スタリオンステーションで最初のカバーシーズンをスタートした。 母馬はGIブリーダーズカップ牝馬スプリント優勝馬ウェーベルアヴェニュー(ハーリントン)。

「今年はクラシックに出場できて幸運でした」と中牛田さんは言う。 「彼はグレナディア・ガーズの半妹で、今年種牡馬になった。我々は彼をとても気に入ってロイヤル・アスコットに連れて行った。実際は逆だった。彼は我々をロイヤル・アスコットに連れて行ってくれた。それが私の見方だ。」

今度はリバティアイランドが調教師とオーナーをドバイの今年最大の集会であるメイダンに連れて行く番だ。 2024年が唯一の海外渡航となるかはまだ決まっていない。

彼はこう言います。「彼女がリバティ島でどれほど優れているかはまだわかりません。 それでは、ドバイで国際トップクラスの馬に対して彼がどのような成績を収めるかを見てみましょう。そうすれば、彼は他の選択肢への扉を開くでしょう。 この立場に就くことができてうれしいです」と彼は語った。

READ  日本の民間部門の給与は2年連続で下落しています