6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトヨタは、電池式電気自動車の世界的な推進にもかかわらず、バイオ燃料で「エンジン誕生」を宣言

日本のトヨタは、電池式電気自動車の世界的な推進にもかかわらず、バイオ燃料で「エンジン誕生」を宣言

東京(AP通信)—「生まれ変わった機械」。

日本の自動車メーカーであるトヨタは、従来の内燃エンジンに未来的なひねりを加えて駆動する計画を発表した。

火曜日に東京のショールームで行われた3時間のプレゼンテーションで、自動車メーカーはグリーン燃料として知られるリーンコンパクトエンジンを提供すると発表した。 水素 バイオエタノールを使用したり、ハイブリッドでゼロエミッションの電気モーターと組み合わせたりすることもできます。

これは、自動車業界の多くの競合他社が完全電気自動車の導入を推進している中でのことだ。 中国はバッテリー式電気自動車の推進を改めて進めているそして自社のBYDもその推進力でテスラを超える恐れがある。

トヨタの 代表取締役社長 佐藤 幸治 同氏は、このエンジンは「電動化の時代に最適化されている」と述べ、世界の「カーボンニュートラル」推進に貢献することを期待していると述べた。

トヨタはすでに有名なハイブリッド車を開発しています。 プリウス – ガスエンジンと電気モーター。 2 つを切り替えて、よりクリーンなドライブを実現します。

将来のハイブリッド車では電気モーターが主な駆動力になる予定で、トヨタは新しいエンジンは占有スペースを小さくできるように設計されると述べている。

スバル株式会社などの国内パートナー マツダ株式会社両者は協力して、必然的に厳しくなる排出基準を満たすように設計されたエコエンジンを生産しました。 トヨタ のプレゼンテーションは「マルチチャンネル ワークショップ」として宣伝されています。

「どの企業も勝ちたいと思っているが、力を合わせればもっと早くできる」と佐藤氏は語った。

しかし、エンジンがいつ市場に投入されるかについての詳細は明らかにされていない。

車のエンジンの伝統が随所に感じられました。

マツダは、50年前に導入された同社の貴重なロータリーエンジンが電気自動車に応用されていると述べた。

一方、スバルはトレードマークのコンパクト水平対向エンジンを披露した。 最高技術責任者の藤貫哲郎氏は、同社がエンジンを完全に廃棄するつもりはないとしながらも、より優れた「スバルらしい」電気自動車の開発に取り組んでいることは間違いないと述べた。

トヨタもそうだけど スタイリッシュな電気自動車で働く

幹部らは火曜日、エネルギー供給状況は世界的に異なり、製品は多様な顧客ニーズに対応する必要があり、BEVSの量産に必要な投資は巨額であると述べた。

トヨタ関係者は、日本の自動車製造のサプライチェーン全体で現在550万人の雇用が危機に瀕しているため、電気自動車への突然の移行は経済的にも社会的にも責任がないと繰り返し指摘している。

早稲田大学の経営学教授である藤本隆宏氏は、電気自動車は排出削減の重要な解決策であると考えています。 しかし、主要部品であるリチウムイオン電池を製造する際の排出量が多いという弱点もまだある。

たとえば日本では通勤者は電車を利用するので、移動手段としては電車のほうが環境に優しい選択かもしれない、と藤本氏は言う。

「少なくとも、BEVの普及と革新が間違いなく必要であると私は信じています。しかし、その議論は論理的にBEVが私たちに必要なものであるとは言えません」と彼は言いました。

藤本氏は、研究開発から社会、政治、市場の状況に至るまで不確実性があると述べた。

同氏は「世界が望むカーボンニュートラルは数十年は達成されないだろう。長いマラソンになるだろう」と語った。

___

影山優里はXにいます: https://twitter.com/yurikageyama

READ  古河原毅監督が初めて闇と静寂を扱った作品は「渚」。