2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトヨタがバッテリー電気自動車への取り組みを発表

日本のトヨタがバッテリー電気自動車への取り組みを発表

東京(AP通信) – 日本の大手自動車メーカーが気候変動と戦うためにさらなる努力をする必要があるとの批判が高まる中、トヨタはバッテリー式電気自動車の野心的な計画の一環として全固体電池の開発を計画していると火曜日に発表した。

トヨタ自動車は2027年までに全固体電池の実用化を目指している。 電気自動車の主な欠点の一つである充電時間は10分以下に短縮されると同社は声明で述べた。

「次世代バッテリーEVでは、車両の操作システムの進化に加え、加速、曲がる、止まるを重視した『運転感覚』のパーソナライズも可能になる」としている。

EV 所有者は通常、自宅に充電ステーションを設置し、一晩中車にプラグを差し込んで充電します。 これが、トヨタがハイブリッドがより良い解決策であると長年主張してきた主な理由の1つである。 ハイブリッドは走行中に車を充電します。

トヨタ自動車の佐藤幸治社長は、EV業界で後れを取っており、追いつく必要があると述べた。 同社は水曜日に日本の中部都市トヨタで開催される株主総会で、気候変動への取り組みをめぐり激しい批判に直面することになる。

トヨタは最新の発表で、現在ほとんどのEVに搭載されている種類のリチウムイオン電池の革新に取り組んでおり、手頃な価格の新しい選択肢を提供したいと述べた。

トヨタは「水素社会」に取り組んでおり、燃料電池車を含む水素燃料モデルの開発に継続的に取り組んでいるとしている。

水素は依然として高価であり、通常は化石燃料を使用して製造されますが、再生可能エネルギーを使用して製造することもできます。 トヨタは、よりクリーンで安価な水素を生産するためにさまざまなパートナーと協力していると述べた。

READ  経済安全保障の時代における日米韓関係の再定義