6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトップValorant Challengersプレーヤーは、北米に進出することを夢見ています

日本のトップValorant Challengersプレーヤーは、北米に進出することを夢見ています

21 歳の Ilya “Eto” Petrov は、西側では一般的な名前ではありません。 ヒロイズム この記事を読んでいる多くの人は、彼のことを聞いたことがないかもしれませんが、すぐに知っているでしょう。

ロシアで生まれ、数か月前に日本に移住したイーノは、チャレンジャー部門で最高の選手の 1 人として日本で評判を築いてきました。 ロシア人は Dodd Esports に、北米でプレーすることを夢見ているが、それは厳しい道であることを理解していると語った.

サムシングは、平均戦闘スコアが305.0で、日本のチャレンジャーの1部の中で最も多くの死傷者を出している. VLR.gg. おそらく最も印象的なスタッツで、彼は 807 キルのようなものを蓄積しており、SCARZ プレーヤーの Maksim “Zemkin” Badorov は 608 で 2 位です。 少し距離を置いて話します。

彼の時代に フェンネルとの最近の試合彼のチームである Sengoku Gaming は敗北に終わり、1 試合で 136 キルを記録し、ラウンドあたりの平均ダメージは 200 近く、ファースト ブラッドは 29 でした。

しかし、エゴを抑えるために、Todd は Esports に改善を続けたいと語った.

北米でプレーすることを夢見ているという彼だが、彼の好きな選手は別の地域の選手だ。 EMEA インターナショナル リーグに出場するためにジャイアンツに加わった元ナタス ビンチェレ プレーヤーのキリル “クラウド” ネホジンは、彼が尊敬するロシアのプレーヤーの 1 人である、と彼は言いました。

北米にはロシア人選手は多くありませんが、1 人の名前が際立っています。 元 Edition1 プレーヤーの Maxim “Whippie” Shebelev が G2 Esports に参加し、Challengers で競います。 G2 がグループ A を 2 勝 0 敗の記録で上回っており、彼の成績はそれほど悪くありません。

READ  Govt Travel News Live:日本が国境を閉鎖する最近の発表