1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトップ当局者は北京オリンピックを避けています:レポート| オリンピックニュース

東京オリンピック組織委員会の橋本聖子元委員長は、2月の冬季オリンピックで日本を代表する。

読文紙は土曜日、日本政府高官が北京での冬季オリンピックをスキップし、米国での外交ボイコットに参加すると発表した。

今週初め、カナダはオーストラリア、英国、米国とともに、中国の人権記録に関する長年の懸念を理由に、大会に最高幹部を派遣しないと述べた。

中国は、ボイコットを「政治的策略」と無謀なキャンペーンと呼んでいます。

読売新聞は、日本は今月末までに正式な決定を下す可能性が高いと述べた。

日本の全国放送であるNHKは声明のなかで、東京は「来たる北京オリンピックに閣僚を派遣しないことに傾倒している」と述べた。

同紙によると、橋本聖子元東京オリンピック組織委員長をはじめ、オリンピックスタッフのみが出席する見込み。

金曜日に、日本の主任スポークスマンは、国がイベントに出席するために役人を送ることを計画しているかどうかについて決定がなされていないと言いました。

NHKは、当局者がワシントンや他の国々からの最新の動きを検討していると付け加え、「中国は2020年東京オリンピックにチームを率いるために行政の長を派遣した」と付け加えた。

日本は、アジア太平洋地域における米国の緊密な同盟国です。

米国は月曜日、中国の「最大の」権利侵害を理由に外交ボイコットを発表し、中国政府は「確実な対抗措置」に直面すると述べた。

他の理由の中でも、ホワイトハウスは、ボイコットを正当化する際に、北京の新疆ウイグル自治区西部でウイグル人イスラム教徒の扱いを引用した。

台湾、香港、バイデンでのウイグル人の行動などの問題をめぐって、近年、米中関係は悪化しており、中国の習近平国家主席は先月の仮想電話で緊密な関係を強調した。

中国は、少なくとも100万人のウイグル人と他のイスラム教徒の少数派が拘束されていると国連と権利団体が信じている新疆ウイグル自治区の状況に対する国際的な批判と制裁を拒否している。

READ  日本は最悪の感染症と戦うため、Kovit-19テストを実施します