7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のデジタルエージェンシーの責任者は、進歩を阻止するための規制を非難している

日本の新しいデジタルエージェンシーを担当する大臣は、何十年にもわたる保守的な統制によって国が取り残されていると非難し、国の技術的願望はその「法律、システム、慣行」によって押しつぶされていると宣言した。

フィナンシャルタイムズとのインタビューで、牧島かれん氏は、国の動きが遅すぎて新興技術に関する規則を緩和できず、企業や産業が世界のリーダーになる可能性のある分野を圧迫していると述べた。

経済産業省の関係者は、日本がライバルに永久に遅れをとることを避けたい、根本的な変化の「最後のチャンス」である瞬間が近づいているという政府と企業部門内の懸念の高まりについてFTに語った。

日本の人口の年齢が下がるにつれて、利用可能なスタッフと技術が大幅な労働力の節約をもたらすことができるので、新技術の制限はあまり意味がありません、と牧島は言いました。

「日本には技術力があるが、そのルールはそれに基づいていない」と牧島氏は述べ、高度な電子機器、ロボット工学、その他の重要な技術で評判があるにもかかわらず、デジタル化の国家戦略を策定するのは遅いと付け加えた。

「技術面では、日本は草の根レベルで非常に高い可能性を秘めていると感じています。問題は、この可能性を最大化するためにデジタル思考を使用できていないことです」と彼は言いました。

牧島氏は、ドローンとセンサーの使用を管理する規則と伝統、つまりかなりの人的労力を節約できる技術を指摘しました。 どちらの技術も、建物、トンネル、橋、その他のプロジェクトで低リスクの標準テストを完了するために使用できますが、既存のルールが1人の男性によって確認されるまで、そのようなテストのすべてが有効であるとは限りません。

「数億円の大規模プロジェクトと数万円のプロジェクトの建設現場での事故には当然の違いがあります。 ただし、プロジェクトの規模に関係なく、セキュリティを確保するために今日も同じルールが適用されます」と彼は言いました。

NS デジタルエージェンシーのアイデア 当時の首相であった菅義偉氏は、政府サービスを提供するためのテクノロジーの利用を促進するために昨年紹介しました。 岸田文雄首相が首相に就任する直前の今年9月にすでに操業していた。 エージェンシーは、今年末までに日本をよりデジタル化された社会に変えるために「デジタル政策」を統合する競争にあります。

牧島氏は、政府機関の設立が遅すぎたこと、そして国が時代遅れの社会的および経済的システムに対処するのにまだ苦労していると多くの人が信じていることを認めた。

彼は、これらの欠陥は政府19の流行の初期段階で明らかになったと述べた。 緊急時のキャッシュフロー計画は実用的でなければならないため、合理化するのに数か月かかりました。 手動で管理。 学校には情報技術インフラストラクチャがないため、全国の学生は遠隔教育の準備ができていません。

岸田政権の他のメンバーも、デジタルトランスフォーメーションのペースについて懸念を表明しています。 コパヤシタカユキ、経済防衛大臣は最近、日本はデジタル通貨を発行する可能性を促進すべきであると述べました。

牧島氏は、この問題はデジタルエージェンシーの管轄下にはないと述べた。

週刊ニュースレター

アジアは、テクノロジーの世界で数百万を稼ぎ、失うための主要なガイドです。 独占ニュース、鮮明な分析、スマートデータ、FTと日経からの最新の技術的話題の厳選されたメニュー

ワンクリックでここに登録

READ  日本の比喩はプロファイルを強化します| リテールアンドレジャーインターナショナル