12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のセブン&アイ、倉庫・西武部門をロイター経由で米ファンドフォートレスに売却へ

©ロイター。 ファイルの写真: 2017 年 12 月 6 日に日本の東京にある本社で見られるセブン & アイ ホールディングスのロゴ。 ロイター/花井徹

東京(ロイター) – 日本のセブン&アイ・ホールディングスは金曜日、倉庫・西武百貨店部門を米国のファンド、フォートレス・インベストメント・グループに売却すると発表した。

米国でコンビニエンスストアのセブンイレブンとガソリンスタンドチェーンのスピードウェイを運営するセブン&アイは、アクティビストファンドのバリューアクト・キャピタルから構造改革と資産売却を迫られている。

譲渡価格は、そごう・西武の企業価値 2,500 億円 (17 億 7,000 万ドル) に基づいており、純負債と運転資本を調整したものである、とセブン & アイはリリースで述べた。

ムーディーズ (NYSE: ) インベスターズ サービスは声明で、「セブン&アイ ホールディングスの不採算百貨店そごうと西武の売却は、収益を改善し、2021 年度のスピードウェイ買収による債務返済を早めることができるため、信用にプラスとなる」と述べた。

家電量販店のヨドバシホールディングスは、日本のソフトバンクグループ株式会社が支配するフォートレスと提携する。

ヨドバシはそごうと西武の場所に店舗を設置する予定であると、新聞は今週初めに報じた.

フォートの担当者は、レポートが公開される前に連絡を取ったときにコメントを拒否しました. ヨドバシの担当者にはすぐに連絡が取れませんでした。

セブン&アイの株式は、日経平均株価が3%上昇したのに対し、東京取引で0.3%上昇しました。

(1ドル=141.4100円)

READ  日本の東宝スタジオは新しい「ゴジラ」映画を公開する予定です