3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のスーパーマーケットチェーン、「ケーキ崩壊」の大失敗で顔を赤らめる

日本のスーパーマーケットチェーン、「ケーキ崩壊」の大失敗で顔を赤らめる

東京:清廉で真っ当な日本では、有名なスーパーマーケットチェーンがクリスマス後に40ドルのケーキに関する苦情を公に謝罪したことで勢いづいている。

「ケーキの崩壊」はここ数日、日本での見出しを独占しており、怒った消費者が週末に玄関先に届けられた崩れたクリスマスケーキの写真をソーシャルメディアに投稿した。

大手チェーンの高島屋がオンラインで販売しており、ソーシャルメディア上の写真には、完璧に装飾されたイチゴをトッピングしたケーキが、一部の客のもとにひどく平らで崩れた状態で届けられる様子が映っていた。

高島屋は水曜日の声明で、販売された約3,000個の冷凍ケーキのうち、火曜夜の時点で800個以上が腐敗していることが確認されたと発表した。

高島屋幹部の横山和久氏は全国テレビで放映された記者会見で「冷凍クリスマスケーキの劣化が多くのお客様の期待を裏切り、深くお詫び申し上げます」と述べた。

同社によると、配送状況に応じて、顧客は1個あたり5,400円の費用でケーキを返品できるという。

この失敗を受けて、高島屋関係者は製造・販売パートナーに対する徹底的な調査を組織した。

横山氏は記者団に対し、高島屋は「原因は特定できなかった」とし、温度管理に問題はなかったと付け加えた。

しかし、高島屋は声明で「販売者として、製造から流通まで製品を顧客の手に届ける責任がある」と述べた。

「全責任は私たちにあります。」

多くの消費者はケーキが破壊されたことに失望を表明したが、クリスマスの精神を維持しようと最善を尽くした消費者もいた。

ソーシャルメディアサイトXのあるユーザーは、友人の3歳の息子が、混乱を隠すためにケーキを「好きなように」飾り付けさせた創造力について語った。

チョコレートが全面に散らばったこの投稿には、「結末は思った以上に面白かった…今では子供たちの夢が詰まっている」と書かれており、再生回数は1600万回を超えた。

READ  次期日銀の湯田総裁は困難な戦いに直面している