10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のシニアワーカーは、ペーパーレスオフィスや若い雇用主は問題ないと主張している

日本のデータ

コミュニティの仕事


日本は灰色であるため、高齢者は企業にとって重要な資産になりつつあります。 ある調査では、IDやペーパーレスオフィスの導入など、時間の経過に伴う変化に適応できると感じているかどうかを調べました。

2021年4月に改正された高齢者雇用保証法は、企業に70歳までの雇用を保証することを義務付けています。 職場

職場でのコミュニケーションの仕方を聞いたところ、76.4%が「簡単に話せるはず」と答え、52.7%が「ITやトレンドに関する新しい情報を学びたい」と答えました。 これは、年配の労働者が若い人たちとの交流に興味を持っており、時間の経過とともに遅れをとっていないことを示しています。

仕事のさまざまな側面についてどのように感じているかを尋ねられたとき、51.4%が「私のことをする方法が時代遅れになっている」ことを望んでいないと答えました。 対照的に、組織の変更に対する否定的な反応は少なく、「従来のビジネスプロセスの変更」は29.4%、「新しいITツールの導入」は24.6%、「ジュニアトップエグゼクティブ」は20.8%、「ペーパーレスオフィスの移行」は19.6%でした。

シニア社員にとっては、「判断力」「コミュニケーション能力」「サポート力」「変化への柔軟性」など、現在信じているスキルと将来必要と思われるスキルとの間に大きなギャップがありました。

(日本語訳。バナー写真©Pixta)

人口
雇用
労働
シニア

READ  新しいサミットで、バイデンはオーストラリア、インド、日本とともに「自由で開かれた」太平洋諸国を求めています