1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のゴールデンオールディーズ「キングキャッシュ」は54歳でプレーしたい

東京:エバーグリーンの日本のフットボールスター、三浦康義は54歳で彼のキャリアを続けることに「まだ情熱的」であると地元メディアは月曜日(12月13日)に報じました。

「キングキャッシュ」として知られる三浦は、今年、日本のシニアサッカー選手としての記録を伸ばし、Jリーグのトップ部門で横浜FCに移籍した。

しかし、シニアプレーヤーの貢献は最小限であり、シーズンを通してリーグ戦を1分間しか管理できず、彼のチームは最終的にテーブルに落ちました。

現在、彼は新たな挑戦を検討しており、2つの第4層チームのオファーがテーブルにあると言われています。

三浦は、横浜FCが彼に別の契約延長を申し出たが、彼は「明確なビジョンを持って」チームに署名することを決意したと語った。

ニコンスポーツ紙は、「過去10年間、私を好きで欲しがっているグループがあれば、どこにでも行こうと思っている」と語った。 大阪で述べたように、彼は体調を保つためのトレーニングをしています。

「私がまだ興味を持っている限り、もちろん私はそれに行きたい」と彼は言った。

「私にはまだ欲望があります。」

三浦は、兄の安弘が率いる第4層チーム、鈴鹿ポイントゲッターズに参加する機会があったと言われている。

粕王は、部門の改善を目指してクラブに参加することを熱望していると語った。

「クラブが 『ここに来る』と言ったら、それは良くない」と彼は言った。

「明確なビジョンを持ってクラブに行くのは良いことです。」

2月に55歳になった三浦は、60歳になるまでプレーを続けたいと語った。

彼は1990年代にアジアで最高のサッカー選手の一人であり、1993年にプロのJリーグが発足したとき、日本でゲームを地図に載せるのを手伝いました。

三浦は1982年に日本を離れてブラジルに向かい、1986年にサントスFCとプロデビューを果たした。

彼は1990年に日本でデビューし、代表チームの89試合で55ゴールを記録したにもかかわらず、1998年の最初のワールドカップ決勝で彼の国のチームから目立って除外されました。

READ  三井物産は自動車と海運の堅調な需要の利益率を上げる