5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のクリケットスター、みやき静香に会いましょう

カラチ:

「女の子の頃は簡単ではありませんでした。地元の野球部に参加したかったのですが、女の子だったので参加できませんでした」と日本の宮地静香さんは旅について語ります。 バッティング

彼女のスポーツの旅は、特に主要なスポーツに関しては、スポーツで彼女のマークを付けようとしているパキスタンの女性​​と同等である可能性があります。

結局のところ、それは女性をゲームの場に入れ、最終的には一度に1つの競争として世界をより平等な場所にするための道を開くことです。

40歳の左腕のスローオーソドックスなボウラーとバッターは、彼がより良く、より楽しくなるという彼の単純な野心によってスポーツに惹かれたと信じており、野球をして育ったにもかかわらず、静香は最初の部分です。 フランチャイズT20イベントは、現在、歴史上最も非公開のイベントです。

彼は2006年に日本のクリケットチームのキャップを付けられました。

彼女は30カ国以上からの女性の信じられないほどのリストの一部です。 FairBreak Invitational コンテストは5月1日にドバイで始まります。

コンテストとFairBreak運動の目的は、女性がクリケットを通じて機会均等を見つけるのを支援することです。

パキスタンとの対戦の経験を活かして、世界および日本で急成長しているクリケットコミュニティについての彼の洞察を以下に示します。

トリビューン:クリケットを始めたきっかけは?

静香:20歳の時に大学生の時にクリケットを始めました。 野球みたいな楽しいゲームのようでした。

トリビューン:女の子として、スポーツをするのは簡単でしたか?

静香:私が女の子だったときは簡単ではありませんでした。 地元の野球部に参加したかったのですが、女の子だったので参加させてくれませんでした。

トリビューン:あなたの両親はアスリートを選ぶ際にあなたをサポートしましたか?

静香:はい、彼らは私のお気に入りのゲームをプレイするのをサポートしてくれました。

トリビューン:どの都市で育ちましたか?

静香:西宮-日本で高校野球が行われている都市。 1995年の阪神・淡路大震災で最も被害を受けた都市のひとつでした。

トリビューン:フルタイムのアスリートになるのは簡単ですか?

静香:いいえ、多くの女性アスリートがスポンサーを見つけるのは難しいので。

トリビューン:クリケット以外の仕事はありますか?

静香: はい。 私は佐野国際クリケットスタジアムの喫茶室で働いています。

トリビューン:クリケットは日本で人気のあるスポーツですか?

静香:クリケットは、特に私が住んでいる佐野市のような都市で大きくなっています。 国技になるにはもっと時間がかかりますが、日本のクリケットの未来にワクワクしています。

トリビューン:パキスタンで遊んだ経験は何ですか?パキスタンで好きな選手はいますか?

静香:2009年に上海でパキスタン、2010年にアジア競技大会、2012年に日本の佐野でプレーしました。 彼らは常に最高のチームであり、私たちにとって最大の課題でした。 私たちは経験を通して多くを学びました。

パキスタンからの私のお気に入りの選手 サナミル 彼は優れた船長であり、万能選手だからです。

トリビューン:クリケットは女性の進歩にどのように役立つと思いますか、そしてそれはどのようにあなたを改善しましたか?

静香:スポーツは私にエネルギー、自信、勇気を与えてくれました。 性別や住んでいる場所に関係なく、誰でもスポーツでこれができると思います。

トリビューン:国際女子クリケットの日本女子チームの将来はどこにあると思いますか?

静香:将来はワールドカップに出場したいと思っています。

トリビューン:スポーツライフのバランスを取り、母親、妻、または女性としての役割を果たすのは簡単ですか?

静香:あなたの周りの人たちがあなたをサポートしてくれれば、間違いなく簡単になります。

トリビューン:あなたの忘れられない試合?

静香:2010年の東アジア太平洋トーナメントでの優勝は、2011年にバングラデシュで開催された世界予選に出場する最初のチャンスとなったため、非常に印象的でした。

トリビューン:あなたのインタビューを読んだ女性へのあなたのメッセージは?

静香:困難な状況に直面した場合でも、目標をアーカイブしてみてください。また、あなたを理解し、サポートしてくれる人を見つけてください。

トリビューン:ドバイでのFairBreak Invitationalに期待することは何ですか?

静香:世界中のプレイヤーと会ったり遊んだりするのが好きです。 彼らから多くのことを学び、私の経験が女性に日本でクリケットをするきっかけとなることを願っています。

トリビューン:FairBreak招待コンペティションの準備はどのようにしていますか?

静香:私は冬に何百万ものボールを打ち、3つのクリケットバットを壊しました。

READ  日本は米国を含む106カ国でCOVID禁止を解除