9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のキャプテン吉田麻也が東京2020の観客禁止に疑問を呈した

日本の男性のキャプテン 吉田麻也 オリンピックを密室で開催するという決定に疑問を呈し、水曜日のサッカーの試合が始まる前に観客の禁止を再考するよう当局に求めた。

吉田は木曜日の男子サッカーの開幕戦に先立ち、土曜日にスペインと1-1で引き分け、神戸市球場で社会的に遠い人々が参加した。

-メンズブラケットとデバイス| 男性の位置 | 女性のためのブラケットとアクセサリー| 女性の立場

日本ではコロナウイルスの感染が増え続けているため、国内の他のスポーツへの参加が許可されていても、ファンはゲームに参加しません。

オリンピック女子サッカートーナメントは水曜日に始まります。

ファンの存在により、サンペリアのディフェンダーは、金曜日から8月8日まで正式に開催されるゲームでサポーターが彼を許可しない理由を尋ねました。

朝日新聞はオンライン記者会見で「多くの人がこのオリンピックを税金で運営するだろうと思う」と述べた。

「しかし、人は見に行くことができません。だから、オリンピックは誰のために、そしてなぜなのか疑問に思います。もちろん、アスリートはファンの前でプレーするのが好きです。」

東京は訴訟が急増しているため非常事態宣言になっているが、観客は日本のプロ野球リーグや国内サッカー大会のJリーグの試合に引き続き参加している。

「私たちの家族は犠牲を払い、物事を成し遂げました。そして私たちがヨーロッパで競争したとき、彼らは私たちを支えてくれました」と吉田は付け加えました。

「それは、競合するプレーヤーだけでなく、家族のメンバーでもあります。

「それで、彼らが試合を見ることができないなら、誰が、その試合は何のためにあるのかという問題があります。私たちはそれを真剣に再考できることを願っています。」

READ  日本がブローカーや航空会社のAmazonクラウドの混乱を調査する