5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のエモトラインズがハイブリッドフィーダーボックスシップコンセプトを発表

日本のエモトラインズがハイブリッドフィーダーボックスシップコンセプトを発表

写真:環境省/江本線

日本の海運会社イモト・ラインズは、ハイブリッド電気推進システムを搭載したオフショアフィーダーコンテナの最初の画像を公開した。

499GT、200TEUの船舶には、設置および交換可能なコンテナバッテリーと発電機の両方が搭載されます。 この推進力は、コンテナ化されたバッテリー 5 個を使用して、ハイブリッド モードで 5,000 km、純粋な電気モードで 333 km の航続距離を提供します。

また、製造コストを削減し、将来新しいシステムが利用可能になったときに容器をアップグレードし、長い耐用年数を保証するために、モジュール構造の設計になります。

イモト・ラインズは、新しいコンテナ船建造プロジェクトは、脱炭素化、船員不足、安全運航という内航海運が直面する3つの重要な問題に対処することを目的としていると述べた。

船は神戸港と広島港の間を航行します。 定期運航への参入は、2027 年の第 1 四半期に予定されています。

建造は佐伯市の三浦造船所で行われる。


バードマリン

ウェブ上で最高の航海サイト。 海が私たちの景色です!


READ  猫の駅長にインスパイアされた猫時計が西日本ワガで発売されました